新製品

『情熱のロードレース Vol.5 1978 第1回鈴鹿8耐』が8月29日に八重洲出版から発売!

1978年開催第1回鈴鹿8耐の裏舞台に迫るムック『情熱のロードレース Vol.5 』発売

1962年9月にオープンした鈴鹿サーキットは、当初から日本国内の二輪ロードレース普及に注力していました。その中心軸となるべく企画されたのが、第1回鈴鹿8耐。そしてこのレースで世界デビューを果たしたのが、チューニングを生業とする唯一無二の存在、吉村秀雄氏でした。

ホンダRCB1000の無敵艦隊などを相手に果敢に闘い、第1回鈴鹿8耐で勝利したヨシムラの戦略とは……。当時の関係者によるリアルな証言から、1978年第1回鈴鹿8耐の舞台裏と吉村秀雄の真の姿に迫ります。

『情熱のロードレース』書籍情報

発売日:2022年8月29日
価格:1650円
発売元:八重洲出版

全国の書店、オンライン書店、八重洲出版オンラインショップで販売中。

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

250クラスでも小柄なライダーはちょっと注意!? 国産オフロード&アドベンチャー6車の足着きを身長159cmのライダーが実験 ゼロからでも絶対ハマる ソロキャンプツーリング強化書 [編集部のSpecial PICK UP!]できる!K3でステキソロキャンプ 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】08.rpm:銀から白へ! 純正オプションでVITPILENの雰囲気がガラッと変わる!?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP