新製品

【いまどきライダーの秋冬スタイル】MXやエンデューロの動きに耐える、高い安全性と動きやすさを提供──DAINESE ランチ テックス ジャケット

左右非対称の大胆なカラーの切り替えが目を引く、ダイネーゼの秋・春向けエンデューロジャケットがこのランチ テックス ジャケット。長時間のハードなライディングでも疲れにくいソフトシェルモデルだ。ストレッチ性が高く着心地に優れ、しかも動きやすいのでタウンユースはもちろんキャンプなどにも適している。

価格:4万4000円
カラー:ブラックアイリス×ラヴァレッド×ライトブルー(写真)、エボニー×チャコールグレイ×フレイムオレンジ、ミネラルイエロー×ブラックアイリス×ライトブルー
サイズ:44〜64 プロテクター:肩・肘CE複合プロテクター標準装備

最大の特徴が、肩口から両袖を取り外し、まるでノースリーブジャケットのようなスタイルを作り出せること。例えば、休憩中に暑さを感じたとき、キャンプの夜などちょっと肌寒いとき、旅先でレジャーを楽しむときなどはカジュアルなベストとして活用できる。

エボニー×チャコールグレイ×フレイムオレンジ
ミネラルイエロー×ブラックアイリス×ライトブルー

安全性にこだわるダイネーゼらしく、肩と肘のCEプロテクターは標準装備。背中と胸用もポケットを備え、アクシデントで強い衝撃を受ける部位には耐摩耗性を高める3Dストーンインサートも採用する。軽量なソフトシェルだが、保護性能の心配は無用。

上腕と前腕、腰にフィット感の調整機構を持ち、ベンチレーションも備わるなど快適性も高い。個性的なこのデザインを選ぶのは多少なりとも勇気が必要かもしれないが、ビビッドなカラーリングを持つオフロードバイクやアドベンチャー、SSやストリートファイターなどには、これくらい派手な方が似合うはずだ。

袖は取り外し可!

肩と肘には着脱式のCEプロテクターを標準装備し、背中と胸のポケットにはオプションのG1&G2バックプロテクターやプロアーマーチェスト2PCSも装着可能だが、同社のモトクロス用ガードやエルボーガードとの併用もしやすい設計となっている
取り外した両袖は背中のカーゴポケットに収納できる

写真:佐藤竜太

問い合わせ先

ユーロギア ダイネーゼジャパン事業部
TEL:03-3527-3686
https://www.dainesejapan.com

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

トライアンフ タイガー1200/ストリートトリプルRS/スピードトリプルRSがリコールを発表 「noslisu」シリーズは新しいタイプの3輪パーソナルビークル! 3車種を5月から順次発売【カワサキ】 ムック『俺たちのカワサキ GPZシリーズ』が八重洲出版より発売中!!

カテゴリー記事一覧