新製品

【いまどきライダーの秋冬スタイル】発売以来人気のモデルに今季は2色の新色登場──ALPINESTARS セクター v2 テックフーディー

アルパインスターズの秋〜春向けカジュアルジャケット、セクターv2テックフーディーの2022モデルが登場した。本誌が注目する今季のカラーは、フォレストブラックオレンジフルオ。濃緑と黒をベースにオレンジと白のアクセントカラーを用いたアーミー調の配色で、街乗りからツーリングまで幅広いシーンにマッチする。

価格:3万1680円
カラー:684フォレストブラックオレンジフルオ(上)、9151タールグレイブラックイエローフルオ(タイトル写真)、1303ブラックブライトレッド、10ブラック 
サイズ:S〜2XL プロテクター:肩・肘 ともに標準装備、背・胸(オプション)

21年モデルからデザイン以外の変更はないが、性能・機能は申し分ない。このジャケットの特徴であるソフトシェルは軽く動きやすいだけでなく、メッシュの裏地と相まって実際の着心地もライトなもの。さらに防風性も備え、袖口と裾を伸縮するリブとすることで冷気の侵入を防いでいる。生地とフロントファスナー/左右ポケットのファスナーは撥水性があるため多少の雨なら問題ない。

もちろん、肩と肘にはCEプロテクターを装備。デザインアクセントでもある肩の硬質パッドやアラミド製の補強裏地など安全性も万全だ。ジャケットの裏側左右には内ポケットが備わるが、左は財布やスマートフォンを入れるのに便利な防水タイプとなっている。

肩と肘にはCEレベル1をクリアするバイオフレックスプラスプロテクターを標準装備。大型のプロテクターだが柔軟性に富むため、ソフトシェルジャケットの動きやすさを妨げることはない。胸と背中にはオプションのニュークリオンプロテクターを装着できる
袖の強度を高めるアラミド製の裏地を採用。カジュアルジャケットだが安全性に妥協なし!

カジュアルなデザインと軽い着心地は、バイクに乗るのがおっくうになる寒い冬でも出かける気にさせる。プロテクターを外し、アウトドアパーカ感覚でふだん使いするのも楽しそうだ。

走行中にバタつくフードは背中にボタン留め、もしくは着脱も可能。街乗りでは走行前に固定し、高速走行時には外しておくのがいいだろう

写真:佐藤竜太

問い合わせ先

岡田商事
TEL:03-5473-0374
http://www.okada-corp.com

おすすめ記事

【NEW MODEL】KTM 790DUKE 無免許でもバイクが借りられた!? タイの怖いレンタルバイク「裏」事情 Z1000(J)とはどんなマシンか? ’70〜80年代Zシリーズとの比較で魅力を探る(1000J編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP