新製品

ムック『Honda アドベンチャー 完全ファイル』が5月31日に八重洲出版より発売!!最新アドベンチャー7台を徹底検証

CRF1100Lアフリカツインを筆頭に、NC750X、X-ADV、400X、CRF250ラリー、ADV150、CT125ハンターカブ……。世界的に見ても1100cc〜125ccまでと充実したラインアップを誇るホンダのアドベンチャーモデル。

『Honda アドベンチャー 完全ファイル』目次。

『Honda アドベンチャー 完全ファイル』では、スタイリング、走行性能・ユーティリティ・ツーリング性能など、ホンダのアドベンチチャーモデル7車の個性と実力を余すところなく実走チェックしています!!

ホンダ NC750Xの車両性能と足つき性を解説。このほかCRF1100Lアフリカツイン、X-ADV、CRF250RALLY、ADV150、CT125・ハンターカブの計7台を詳細に解説しています。
メーター、スイッチボックス、シート下など、各車の細部までじっくり解説しています。
試乗インプレッションも全7車種分掲載。各車の性格の違いがよく分かります。
ホンダ純正のアクセサリーパーツやオプションパーツのリストも掲載しています。
アドベンチャーモデルならではの特徴も丁寧に解説。掲載誌面の一例で、19インチホイールについての分析ページ。

試乗レポートだけではなく、ダートを交えた本格ツーリングや女子ライダーのゆる〜いキャンプツーリングなど、ホンダのアドベンチャーモデルならではの強みを生かした遊び方も幅広く提案します。

あなたのバイクライフにあわせたホンダのアドベンチャーモデルが見つかるはずです!!

ホンダのアドベンチャーモデルを使った実走ツーリングレポートを複数収録。
「東北“下道”紀行」でのひとコマ。雪まじりのオフロードもアフリカツインなら行ける!?
NC750XとCRF250ラリーで旅に出た「街から100kmの冒険」では、千葉県の房総半島へ。
「お気軽アウトドアキャンプ」では、CT125・ハンターカブとADV150を使って女子ライダー2人がキャンプへ。

『Honda アドベンチャー 完全ファイル』の発売日は2021年5月31日(月)で、価格は税込 1320円(本体 1200円)となっています。

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●八重洲出版

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

『グランメゾン東京』キムタク・ハーレーのレシピ ベース車からカスタムポイントまで 【クシタニ】が大阪市に「KUSHITANI PERFORMANCE STORE」を出店。タウンユースを含め幅広いラインナップを取りそろえてオープン 個性的なカラーリングをまとったSHOEIのオフロードヘルメットが期間限定発売

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション