新製品

ライズのデフサプライから汎用防水スマホケースが登場

ライズの自社ブランド、デフサプライは、IP67規格をクリアした防水ケーススマートフォンホルダー「防水ハードケーススマホホルダー DEF-WP2」をリリースした。

従来の完全防水ケースは専用ケースとなるため割高なものが多かったが、このアイテムは汎用タイプのケースとすることで低価格化を実現。サイズはL(横76mm×縦152mm)とXL(横83mm×縦168mm)の2サイズをラインアップ。Lは5.5インチ前後、XLは6.5インチ前後のスマートフォンに対応する。なお、厚みは両モデルとも10.5mmとなる。

背面からスマホを押し出し前面のフィルムに押しつける新機能「プッシュアップ」により、サイズを問わず優れた防水性を実現。背面にはハンドルマウントを備えており、Φ22.1mmとΦ25.4mm(1インチ)、Φ32mmのハンドルバーに取り付けることができる。

価格は3500円(税別)。同社ウェブサイトでは先行予約を受付中だ。

問い合わせ先

ライズ
https://ridez.jp

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

新車で10万円台のMT車!! 大阪モーターサイクルショーでデビューした謎バイク「YAMASAKI YM125」って何者!? 利用特典も見逃せない!! ダイネーゼのレンタルスーツに新たに女性用が追加 ホンダ ゴールドウイング(GL1500)開発者インタビュー「スーパースポーツの名人が仕上げた極上6気筒ツアラー」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション