新製品

SHOEIのシステムヘルメット・NEOTECⅡの新グラフィックモデル「RESPECT」が2021年2月登場

SHOEIの最新技術とノウハウが注ぎ込まれたシステムヘルメットのNEOTEC Ⅱに、新グラフィックモデル「RESPECT(リスペクト)」が2021年2月に発売される。

ネオテックⅡリスペクト ブラック/シルバー(マットカラー)

ネオテックⅡリスペクトは、メカニカルなラインを主体とし、そのなかに赤のラインを効果的に入れたメカニカルなデザインが特長。
カラーはレッド/ブラック、ブラック/シルバー(マットカラー)、ブルー/レッドの3色を展開。

ネオテックⅡリスペクト レッド/ブラック
ネオテックⅡリスペクト ブルー/レッド

価格は税別で7万円。
ヘルメット本体のほか、布袋、ブレスガード、シリコンオイル、サービスツールが付属するほか、スモークシールドなどオプション品も多数ラインアップ。
サイズはS(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)。

問い合わせ

SHOEI
電話:03-5688-5180
https://www.shoei.com

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

電動バイクのウソとホント「音がしない」「加速が鈍い」「高価」「航続距離が短い」のイメージは真実なのか 軽量コンパクトなベスパLX125 i-getの装備を充実 【RACE】全日本ロードレース選手権に対する ホンダの熱い思いが語られる

カテゴリー記事一覧