新製品

ナイトロンからカワサキ・Ninja ZX-25R用リヤショックアブソーバーが登場

サスペンションメーカーのナイトロンから、並列4気筒を搭載した話題のクォーターマシン、Ninja ZX-25Rのリヤショックアブソーバーが登場した。
価格は9万5000円〜18万1000円(税別)。

NTR R3 シリーズの取り付け例

レースでの使用も可能なフラッグシップモデルのNTR R3シリーズ、ハードなスポーツ走行にも対応したNTR R2シリーズ、コストパフォーマンスに優れたNTR R1シリーズの3種類をラインアップ。
すべてのモデルでオールアルミボディを採用しており、プリロードアジャスターとハイトアジャスターを標準で搭載している。

NTR R3 シリーズ

NTR R3シリーズはリバウンド(24段)とコンプレッション(低速18段/高速16段)の3系統に独立したアジャストシステムを搭載。荷重のかかりづらい低速域のトラクションと高速域での安定感を両立することを可能としている。

NTR R2 シリーズ

ミドルレンジのNTR R2シリーズはリバウンド(24段)/コンプレッション(16段)の2WAYダンパーアジャストシステムを標準装備。R3同様の幅広い調整を可能としている。

NTR R1 シリーズ

NTR R1シリーズはリザーバータンクを本体内に内蔵したベーシックモデルで、コンプレッション/リバウンドの両方に効く1WAYダンピングアジャスターを搭載。調整範囲は24段と幅広く、ストリートでの走りをより楽しむセッティングを行うことが可能だ。

NTR R3シリーズおよびNTR R2シリーズには別体式リザーバータンクと油圧式プリロードアジャスターが標準装備となっており、NTR R1シリーズには油圧式プリロードアジャスターがオプションで用意される。
またスプリングカラーは全モデル、ターコイズスプリング(TQ)もしくはタイタニウムブラックスプリング(TB)から選択が可能となっている。

ターコイズスプリング(TQ)
タイタニウムブラックスプリング(TB)

価格はNTR R3シリーズが18万1000円、NTR R2シリーズが17万1000円、NTR R1シリーズが9万5000円(すべて税別価格)。

問い合わせ

ナイトロンジャパン

TEL:048-812-5188

http://www.nitron.jp

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

トライアンフ三重が10月22日(土)にグランドオープン! HONDA本気の電動バイク! ビジネスモデルのBENLYと三輪のGYROが東京モーターショーで初公開! これが500円で買える……だと!? ダイソーのアルミ飯ごう「メスティン」が爆発的人気を獲得しているワケ

カテゴリー記事一覧