新製品

ガルーダがイタリア・ボナミチレーシングの取り扱いを開始

多数の欧州製パーツの日本代理店を務めるガルーダは、イタリアのボナミチレーシング製パーツの取り扱いを開始した。

ボナミチレーシングは2005年に誕生したビレットパーツメーカー。開発から製造まで全てをイタリアで行っており、最高のパフォーマンスを得るため、美しく機能的な製品を最高の技術・素材・最先端設備により作り出している。また、HRCを始めとする二輪レースの有力チームも同社のアイテムを使用している。

現在のラインアップは上写真のレーシングステップキット、エンジンプロテクター、トップブリッジの他、セパレートハンドルバー、可倒式ブレーキ&クラッチレバー、レバーガード、メータープロテクター、リモートアジャスター、チェーンアジャスター、スプロケットガードなど、車種専用・汎用を問わず多岐にわたる。特注カラーも用意されるため、ドレスアップアイテムとしても魅力的だ。

セパレートハンドルバー
レバーガード

なお、取り寄せとなるアイテムの納期は約30〜45日となる。気になるアイテムを見つけたらまずは問い合わせをしてみよう。

チェーンアジャスター(上)、スタンドフック(左下)、リザーバータンク(右下)
問い合わせ先

ガルーダ
電話:042-736-2725
http://www.garuda.jp

おすすめ記事

カドヤのサマーフェアでオリジナルのレザーカードケースをもらおう! VWエンジン搭載の「モンスターバイク」に乗り続け25年!アマゾネスオーナーが語る魅力とメンテの苦労 風を切り裂くイメージを表現! オージーケーカブト「エアロブレード・ファイブ」の新カラー、ウインドが発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP