新製品

ガルーダがイタリア・ボナミチレーシングの取り扱いを開始

多数の欧州製パーツの日本代理店を務めるガルーダは、イタリアのボナミチレーシング製パーツの取り扱いを開始した。

ボナミチレーシングは2005年に誕生したビレットパーツメーカー。開発から製造まで全てをイタリアで行っており、最高のパフォーマンスを得るため、美しく機能的な製品を最高の技術・素材・最先端設備により作り出している。また、HRCを始めとする二輪レースの有力チームも同社のアイテムを使用している。

現在のラインアップは上写真のレーシングステップキット、エンジンプロテクター、トップブリッジの他、セパレートハンドルバー、可倒式ブレーキ&クラッチレバー、レバーガード、メータープロテクター、リモートアジャスター、チェーンアジャスター、スプロケットガードなど、車種専用・汎用を問わず多岐にわたる。特注カラーも用意されるため、ドレスアップアイテムとしても魅力的だ。

セパレートハンドルバー
レバーガード

なお、取り寄せとなるアイテムの納期は約30〜45日となる。気になるアイテムを見つけたらまずは問い合わせをしてみよう。

チェーンアジャスター(上)、スタンドフック(左下)、リザーバータンク(右下)
問い合わせ先

ガルーダ
電話:042-736-2725
http://www.garuda.jp

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

ムック『Honda アドベンチャー 完全ファイル』が5月31日に八重洲出版より発売!!最新アドベンチャー7台を徹底検証 新生カタナをよりスポーティに!ボルトオン装着できるローポジションハンドルが登場 2021年9月1日発売!モーターサイクリスト10月号の付録は「車輪柄和手ぬぐい」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP