新製品

タウンジャケットをライジャケ化できる、プロテクター内蔵可能なカジュアルシャツがライズから登場

ライズは、ヘビーオンスのカジュアルシャツのようなデザインながらプロテクター用ポケットを装備した新製品、「RSR01 MOTO SHIRTS(モトシャツ)」を発売した。

このシャツは、肩と肘、背中に別売りのプロテクターを装着可能で、さらにその周囲の裏地には強度の高いケブラーニットを採用。そのため、これをタウンジャケットの下に着込めば、お気に入りのジャケットにライジャケ並みの保護性能を付加できるのだ。

また、秋口や初夏など気温が高い時期であれば、Tシャツの上にこのモトシャツを羽織ることで安全性を高めることも可能。なお、フロントのボタンの内側にはファスナーを装備して、アクシデントの際にボタンがちぎれて脱げてしまうのを防ぐと共に、走行風の侵入も抑制している。ライディングウエアだと仰々しいが、かといって普段着では心許ないという街乗りにぴったりの1着といえるだろう。

カラーはオリーブとブラックの2色を用意。価格は1万3500円(税抜き)で、サイズはM、L、XLをラインアップする。

問い合わせ先

ライズ
TEL:045-628-9666
https://ridez.jp

おすすめ記事

昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(4)高出力化への新たな潮流 【NEWS】ホンダコレクションホールが 開館20周年イベントを開催 ミッドランドのバイク通信用アプリ、BTトークがバージョンアップ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP