新製品

ホイールをスタイリッシュに見せるキタコのインビジブルエアーバルブがtype2に進化

キタコは、愛車のホイールをよりスタイリッシュに見せられる同社のインビジブルエアーバルブをブラッシュアップさせた、「インビジブルエアーバルブSET type2」を発売した。

これは、タイヤに空気を注入するエアバルブが取り外しアルミキャップを装着するもの。チューブレスホイール専用で、素材はアルミ削り出し・アルマイト仕上げだ。注入時はこのキャップを外し、付属するストレートバルブを取り付けることで空気圧の調整が可能となる。新型となるtype2ではこのストレートバルブのボディが改良され短くなった。

ストレートバルブtype2を装着することで
エアーの注入が可能となる

また、別売りのエクステンションエアーバルブやアジャスタブルエアーバルブキャップの使用も可能に。ダブルディスクブレーキ装着車などはこのエクステンションエアーバルブが必要となる場合がある。

エクステンションエアーバルブ(700円、税別)
アジャスタブルエアーバルブキャップ(600円、税別)

対応リム穴径はΦ11mm。カラーはブルー、レッド、ブラック、シルバー、ゴールドの5色を用意。価格は、インビジブルエアーバルブ2個、ストレートバルブtype2(キーホルダータイプ)1個がセットで1900円(税別)となる。なお、多くのチューブレスホイールに適合するがアフターマーケットのホイールには穴径や形状などにより使用できない場合があるので、使用の際は取り付け穴を実測のうえで装着すること。

なお、旧モデルのインビジブルエアーバルブにも対応するストレートバルブホルダーtype2もリリースされている。

ストレートバルブホルダーtype2(800円、税別)
問い合わせ先

キタコ
TEL:06-6783-5311
https://www.kitaco.co.jp

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

RG400/500Γ、NS400R、RZV500R…… 大排気量2ストWGPレプリカは“失敗作”だったのか ハスクバーナがミドルアドベンチャーのコンセプトモデル「ノーデン901」を発表 リヤウインカーをよりスマートに!アクティブのナンバーサイドウインカーがコンパクト化
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP