新製品

デニムなのに防水透湿! ゴアテックスを使ったカジュアルジャケットが登場

ゴールドウインは、カジュアルさが特徴のGWM X-OVERラインの新製品として、「GSM22051 GWMゴアテックスデニムジャケット」を発売した。

このジャケットは、高性能防水透湿素材のゴアテックスをラミネートすることで、ライディングジャケットとしては珍しいデニム生地ながら優れた防水性を実現。同時に、肩、肘、背中、胸のプロテクターをプロテクションライナーに集約しているため、バイクから降りてアウトドアウエアのように使いたいときにはこのライナーを外せば、簡単に着心地と動きやすさを高められる。

プロテクターを装備したプロテクションライナー

プロテクションライナーの背面には、特許技術であるV字形パッドの「エアバントシステム」を装備。このパッドには凹凸の折りステッチがあり、ここを空気が通ることで背中のムレを低減させている。また、アウターの背中には開閉可能なベンチレーションも装備する。

通気性を高めるエアベントシステムを採用

キャンプツーリングなどでは、道中は雨にも強いライディングジャケット、現地では防風性に優れるアウトドアジャケットとして使うことができるのは非常に魅力的。カラーはインディゴのみで、価格は6万9300円となっている。

問い合わせ先

ゴールドウイン
☎0120-307-560
https://www.goldwin.co.jp/motorcycle/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

CBX ホンダ 「BMW製1600cc 6気筒が最後の灯火?」並列6気筒はなぜバイクで主流とならなかったのか 【時代を駆け抜けたバイクたち9】トレール・オフロード・アドベンチャー編 高性能アドベンチャーモデル「Ténéré700 ABS」が2023モデルでカラバリ変更!加えてパッケージ仕様車の設定も!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション