新製品

タナックス、ショートリヤカウルのスポーツモデルにも装着可能なサイドバッグを10月に発売

タナックスは、スーパースポーツなどリヤカウルが短いバイクにも装着できる新型サイドバッグ、カービングシェルケースを10月21日に発売する。

本体サイズは高さ29mm×幅495mm×厚さ250mm。
容量は片側16リットルもあるのでキャンプツーリングなどでも重宝するはずだ

このバッグは後端部内側をカットした形状となる「セフティカット」を採用。これにより従来のサイドバッグではテールランプが隠れてしまい取り付けられなかった、リヤカウルが後方に向かって絞られているスポーツモデルでも装着できる。

従来モデルではこのようにテールランプが隠れてしまうことがあった
後部内側がカットされたカービングシェルケースならテールランプが隠れない

また、後部左右を連結するコネクションベルトを採用することで後方に引く取り付けベルトを必要とせず、リヤフェンダーがスイングアームマウントとなる車両やフェンダーレス車などでも取り付け可能となった(マフラーと干渉する場合は取り付け不可。フェンダーレス車は現車合わせが必要)。さらに、リヤシートがコンパクトなモデルでも確実に取り付けられるイージーベーススリムも採用している。

取り付けベルトを後方に引かずに済むコネクションベルトを採用
イージーベーススリムにより小さいリヤシートにもしっかり固定できる
イージーベーススリムをバッグとバックルでつなぎ、左右のフラップを連結する
車体に固定した状態

バッグのインサイドはネオプレン素材を使ったマルチフィット構造のため、湾曲したリヤカウルにもフィット。このバッグを装着することで大きくフラットな積載面が作り出せるので、大型のシートバッグでも安定した積載が可能となる。

バイクとの接触面がしっかりと密着するマルチフィット構造を採用
積載面が広がるので大型のシートバッグも安定する。最大積載重量はバッグの重量を含めて18kg

バッグのアウトサイドには、同社の車載バッグで人気のポリカーボネートパネルを装備。型崩れしにくく擦れにも強いだけでなく、ハードケースのような高級感とソフトバッグの一体感を両立している。防水インナーポーチが付属するので雨でも安心だ。

荷物が雨で濡れるのを防ぐ防水インナーポーチが付属
追加の荷物を固定するときに役立つDリングや持ち運び時に便利なハンドグリップも備わる
夜間の被視認性を高めるリフレクターも装備している

カラーはブラック、カーボン柄、ヘアラインシルバーの3色をラインアップ。価格は各3万7400円(税込み)となっている。

左上:MFK-271(ブラック)、右上:MFK-272(カーボン柄)
下:MFK-273(ヘアラインシルバー)
KTM 390デュークへの取り付け例
ホンダADV150への取り付け例
ホンダCBR250RRへの取り付け例
ヤマハMT-03への取り付け例
カワサキZ650への取り付け例
問い合わせ先

タナックス
TEL:04-7150-2450
http://www.tanax.co.jp

おすすめ記事

ディスプレイに後方視界を表示! 次世代型ヘルメット「クロスヘルメットX1」が国内クラウドファウンディングでスタート アストラルXにオリエンタルテイストのグラフィックモデルが登場 ハスラーだけじゃない! 最終的にクルマになっちゃったバイクたち【スズキ編】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. BMW R18
  1. BMW R18
PAGE TOP