新製品

SHOEIのシステムヘルメット・ネオテック2に、シャープなラインの新グラフィック「セパレーター」が11月登場

SHOEIはシステムヘルメットのNEOTEC Ⅱ(ネオテック2)の新グラフィックモデル、SEPARATOR(セパレーター)を11月に発売する。

ブラック×ホワイト

ネオテック セパレーターは、チンガードから後方に向かって流れるようなラインを入れ、さらに前頭部にも左右を非対称に分けるラインを採用するシンプルだが個性的なデザインを持つ。カラーは、ブラック×イエロー、ブラック×ホワイト、ホワイト×ブルーの3色をラインアップする。

ブラック×イエロー
ホワイト×ブルー

規格はJISをクリアし、価格は7万円(税別)。サイズはS(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)を用意する。

問い合わせ先

SHOEI
電話:03-5688-5180
https://www.shoei.com

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【偉大なる“発明品”の話】カブの自動遠心クラッチは、カブに何をもたらしたか(前編) 50cc原付バイクの魅力を再確認! オシャレにカスタマイズしたヤマハ・YB-1 FOURで考える“原チャリ”の魅力とは 二輪免許区分改正の歴史「普通免許さえ取れば排気量無制限でバイクに乗れる時代があった」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション