新製品

ダイネーゼからタウンユースにピッタリのレザーライディングシューズが登場

ユーロギア ダイネーゼ&AGVジャパン事業部は、ダイネーゼの新型ライディングシューズ、「ENERGYCA」を全国のダイネーゼ専門店および二輪用品店で発売した。

ENERGYCAは、TPU製ヒールやTPRがインサートされたつま先、硬質素材入りの足首、ギヤシフトガード、リフレクターなどを装備してライディング時の安全性を確保した、タウンユースのレザーシューズ。男性用と女性用があり、それぞれにパンチングメッシュ加工が施された「AIR」と防水仕様の「D-WP」をラインアップしている。

●ENERGYCA AIR SHOES
価格:3万1900円
カラー:ブラック×アンスラサイト、ブラック×フルオレッド、
ブラック×ホワイト×ラーヴァレッド
サイズ:39(25.5cm)〜47(30.5cm)


●ENERGYCA D-WP SHOES
価格:3万6300円
カラー:ブラック×アンスラサイト、ブラック×フルオレッド、
ブラック×ホワイト×ラーヴァレッド
サイズ:39(25.5cm)〜47(30.5cm)


●ENERGYCA LADY AIR SHOES
価格:3万1900円
カラー:ブラック×アンスラサイト、ブラック×ホワイト
サイズ:36(24.0cm)〜42(27.5cm)


●ENERGYCA LADY D-EP SHOES
価格:3万6300円
カラー:ブラック×アンスラサイト、ブラック×ホワイト
サイズ:36(24.0cm)〜42(27.5cm)

いずれもカジュアルな見た目ながら、本革を使うことでダイネーゼらしい上質感やスポーティさを表現。シックなブラック×アンスラサイトやブラック×ホワイトのカラーならどんなバイクとも合わせやすく、またメンズモデルのブラック×フルオレッドは赤い差し色で足元を引き締めることができるはずだ。

CONTACT

問い合わせ先 ユーロギア ダイネーゼ&AGVジャパン事業部
URL http://www.dainesejapan.com
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スーパーカブにZ1、CBなど、世界に誇る日本の名作エンジン5機【エンジンで振り返る日本車の歴史 その1】 【ハンドルまわり快適化計画】ワイヤレス充電で電池切れの心配なし!! ライズインターナショナル・ワイヤレスチャージャー&バイクマウント A.S.H.クオリティの真髄⑨ オイル量も少なく、過酷な状況を走る空冷オフ車を大事に乗りたい!

カテゴリー記事一覧