新製品

防水・防塵性能を持つエンデュリスタンのタフなタンクバッグが日本上陸

ジャペックスは、スイスの防水バッグメーカー、エンデュリスタンの新製品、「サンドストームタンクバッグ4A」とサンドストームタンクバッグ4S」を6月下旬に発売する。

両モデルは、摩擦と引き裂き強度に優れる3層構造の生地を使用した、完全防水防塵防砂仕様のバッグ。4点のバックルにより燃料タンク部に固定するベルト留め方式を採用しており、いずれも側面の面ファスナーベルトを緩めて上方にスライドさせることで容量を拡大可能だ。また、上部に取り外し可能なマップポケットを備えるだけでなく、このポケットと本体にはケーブルなどを通せる防水ケーブルダクトも備えている。
いずれも、底面にはオフロードモデルやアドベンチャーモデルでのタフなライディングにも耐えられる丈夫な素材を採用しており、汚れたときには水洗いすることもできる。給油時にはフロント側のバックルを外すことで燃料タンクにアクセス可能だ。

サンドストームタンクバッグ4A


サンドストームタンクバッグ4Aは通常時13リットル、拡大時20リットルの容量を持つ中型モデル。折り畳むことで本体を大きく使えるポケット付きの仕切りを持ち、蓋部分にも取り外し可能なペンホルダーやメッシュポケット、キーリング付き収納ポーチを装備している。マップポケットの大きさは35cm×24cmだ。

サイズは、長さ38cm×幅25cm×高さ(通常時)25cm、価格は2万4000円(税抜き)。
BMW R1200 GS LCシリーズや、KTM 1050アドベンチャー/1190アドベンチャーR/1290スーパーアドベンチャー、ヤマハ スーパーテネレ、スズキVストロームなどに対応する。
 

サンドストームタンクバッグ4S

サンドストームタンクバッグ4Sは7〜12リットルの容量を持つ小型モデルで、折り畳める仕切りやペンホルダー付き収納ポーチを装備。マップポケットの大きさは28cm×19cm。

サイズは、長さ30cm×幅20cm×高さ(通常時)16cm、価格は1万7000円(税抜き)。
ヤマハWR250F/スーパーテネレ、BMW F-GSシリーズ/R-GSシリーズ、KTM 1190アドベンチャー/690デューク/690エンデューロR、ホンダ アフリカツイン、トライアンフ タイガー800XC、ドゥカティ ハイパーモタードなどに対応する。

CONTACT

問い合わせ先 ジャペックスカスタマーサポート
電話番号 03-6303-8481
URL https://www.japex.net
  1. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  2. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  3. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  4. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  5. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  6. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  7. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  8. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  9. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  10. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

2020年モデル 新型KTM 1290スーパーデュークR試乗 「過激かつ扱いやすい180馬力」という二面性! ディオvsジョグの対決と、独自路線のセピアがまぶしかった…… ついに終焉を迎えた「原チャリブーム」ヒストリー【1990年代編】 【NEW ITEMS】クシタニから初夏に着たいメッシュジャケットが登場!!

カテゴリー記事一覧