新製品

SHOEIからクラシックスタイルの新型フルフェイス「グラムスター」がついに登場!

SHOEIは6月26日、2019年のEICMA(ミラノショー)で発表し日本のウェブサイトにも先行情報を掲載しているクラシックスタイルヘルメットのニューモデル、Glamster(グラムスター)の詳細を発表した。

●グラムスター
カラー:バサルトグレー

グラムスターは、ベンチレーション(外気取入口)を口元のスリットと頭部(額)の2カ所とし、頭頂部や後部には付加物を持たない丸みを強調したスタイルが特徴。また、クラシックなデザインにマッチするよう、開閉時に偏心軌道でシールドが動き窓ゴムとの干渉を防ぎならがスムーズな操作を実現した新開発のフラットシールドCPB-1Vシールドを採用する。このシールドはビス固定式だが装着したままでも調整を可能とし、シールドベース周りはリブ形状とすることで安全性とコンパクトさを両立している。

●前方から取り入れた外気はヘルメット内の衝撃吸収ライナーのスリットを通り、首元から排出される

同社のネオクラシックシリーズに用いられている、ブラックの起毛生地を内装表面に採用。シールドへの映り込みを防ぐため、アイポート付近にはスエード調生地を使用している。内装は全て取り外すことが可能で、シールドは優れた曇り止め性能を持つピンロックエヴォレンズにも対応している。

●シールドは、シールドタブに指を掛け、前方に押し出してロックを解除。
その後、シールドを上に上げて開く

価格は各4万3000円(税別)。規格はJISをクリアし、カラーは5色展開となる。サイズはS(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)を用意する。

●左から、オフホワイト、ブラック、マットブラック、ラグナブルー

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
電話番号 03-5688-5180
URL https://www.shoei.com
  1. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  2. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  3. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  4. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  5. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  6. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  7. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  8. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  9. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  10. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第5話:ニダボくんとスーフォア先輩【隔週更新】 ハーレーダビッドソンの2023年型ブレイクアウト117試乗! 1923cc空冷Vツイン搭載でどう変わった? 【プジョーモトシクル】が「ツイート」「PM-01 」「XP400 GT」の3車を発売!創業125周年を迎え、近年の「小型スクーターブランド」から「総合モーターサイクルブランド」へと転換を狙う!

カテゴリー記事一覧