新製品

【アライ ラパイドネオ】つや消しグレー&ブラックのシックなデザイナーズモデルが新登場

アライは、クラシカルスタイルが特徴のラパイドネオに、2020年デザイナーズシリーズ第3弾として、グラフィックモデル「ビスタ」を設定した。

●グレー

ラパイドネオは、頭頂部のベンチレーションを廃してヘルメットの丸さを強調することで、クラシカルなデザインに仕上げたフルフェイスヘルメット。
このビスタをデザインしたのは、カスタムペインターの中畝教雄氏が代表を務める「VICTORY CUSTOM PAINT」デザイン。中畝氏は自身も元ライダーで、数々のレジェンドライダーのヘルメットペイントを担当している。
つや消しグレーとブラックを基調にしシャープなピンストライプを描いたシックなデザインで、ネオクラシックを含むネイキッドモデルやクルーザーなどにマッチする。

●ブラック

カラーはグレーとブラックの設定で、価格は5万4000円(税別)。サイズは54/55-56/57-58/59-60/61-62の5タイプを用意する。

CONTACT

問い合わせ先 アライヘルメット
電話番号 048-641-3825
URL https://www.arai.co.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【平成バイク大図鑑4】なにより夜がアツかった平成前夜 フルスロットル狂想曲 ホンダのクロスオーバーモデル、400Xが斬新なホワイトのボディカラーを採用 【NEWS】クシタニカフェ2店舗にてカワサキ車両の特別展示が決定!!

カテゴリー記事一覧