新製品

クシタニ×モーターサイクリストがコラボレーション! MC×Kushitani ベルト&キャップが販売開始!!

レーシングレザースーツやライディングジャケットなど、高品質なバイク用ウエアをリリースしているクシタニ。安全性と快適性、そして確かな機能性を有した同社のアイテムは多くのバイクユーザーより高い評価を得ており、ベテランライダーだけではなく若年層ユーザーからの人気も高い。

そんなクシタニと、二輪車専門誌モーターサイクリストのコラボレーションアイテムが誕生!
今回登場したのは「MC×Kushitani ベルト」と「MC×Kushitani キャップ」の2種のアイテムだ。

 

MC×Kushitani ベルト

クシタニとモーターサイクリストのロゴを大胆にあしらったコラボレーションベルト(税込価格7700円)。

ベルト本体はクシタニが厳選した牛革を使用。しっかりとした厚みを確保しているため、大変丈夫な拵えとなっている。

クシタニのロゴはピン穴寄りの中央部分、モーターサイクリストのロゴは剣先部分にプリント。装着した際右腰付近にクシタニロゴ、左腰付近にモーターサイクリストロゴが来るよう配置している。

ベルト幅はやや太めの38mmで、ほどよいアクセントとなるカラーのステッチを採用しているため、装着時の存在感は抜群。ツーリング時のみならず、普段から使用したいアイテムだ。


【MC×Kushitani ベルト】
価格:7700円(税込)
サイズ:全長113cm/ベルト幅38mm(ウエストサイズ102cmまで対応)
素材:牛革
カラー:ブラック

 

MC×Kushitani キャップ

ツバ部分にクシタニとモーターサイクリストのロゴを配したコラボレーションキャップ(税込価格5940円)。

キャップ帽体部には、綿の5倍という乾燥速度を持つ「COOLMAX」を採用。吸収した汗を素早く排出するため、蒸れやべたつきの少ない快適な被り心地を実現。夏場のツーリングにも最適に使用することが可能だ。

ツバ部分だけでなく、帽体の後部にもモーターサイクリストのロゴを大きく配置。帽体に赤ステッチを採用しているため、見た目もインパクトのある仕上がりとなっている。

サイズはフリーとなっているが、サイズ調整用のベルクロを採用しており、自身にちょうどよいサイズへ変更しやすいのも特徴のひとつだ。

【MC×Kushitani キャップ】
価格:5940円(税込)
サイズ:フリー
素材:ポリエステル
カラー:ブラック

 

同時購入で2310円もお得なセット価格を設定!!

どちらもインパクト抜群で魅力的なアイテムとなっているが、なんと今回はふたつ同時に購入した場合、2310円引きとなる1万1330円(税込価格)で購入できる大変お得なセット価格を設定している。

いずれのアイテムも弊社WEBサイト「ヤエスマガジンショップ」にて取り扱いを開始している。

おすすめアイテムが目白押し! ヤエスマガジンショップ

→ヤエスマガジンショップはこちらら!!

クシタニ&モーターサイクリストファンにオススメのアイテム、ぜひこの機会に購入してほしい!

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「給油1回で長距離走れるバイク」はどれだ!? 250cc国産MT車 航続距離ランキングベスト5【2022年最新版】 【バイク熱狂時代は永遠に:3】レプリカヘルメットやスーパークロス……1980年代に流行したバイク用品&バイクジャンル 「街乗り」でノリノリ!! シティツーリングで聞きたいシーン別バイクに合う音楽10選【Episode6】

カテゴリー記事一覧