新製品

ベンチレーション付きのビンテージデザインヘルメット、アライ「クラシック・エアー」が発売

アライは、オープンフェイスヘルメットの新製品、「クラシック・エアー」を発売した。

クラシック・エアーはベンチレーションなどを持たないシンプルなデザインながら、後部の2つのスリットから走行風の負圧を使ってヘルメット内部の熱気を排出する「エアフローライナ・ベンチレーション」を採用。また、着脱可能なシステム内装も採用されるなど、従来のクラシック・モッドから快適性を向上させている。

ラインアップは、単色モデルのほか、クラシックバイクのタンクをイメージした「エラ」と、戦闘機の電撃戦の稲妻を思い起こさせる「ブリッツ」の2タイプのグラフィックモデルも用意する。

●単色モデルは上写真のアイスブルーと、ホワイト(左)、フラットブラック(中央)、モダングレー(右)の4色

クラシック・エアー ERA(エラ)

●左から、ブルー、ブラウン、ブラック。いずれもつや消しカラーだ

クラシック・エアー BLITZ(ブリッツ)

●左から、ブロンズ、ブラウン、ホワイト。ホワイト以外はつや消しとなる

JIS規格を取得し、さらにスネル規格の耐貫通試験もクリア。価格は、単色モデルが3万5000円、グラフィックモデルが4万1000円(いずれも税別)で、55-56、57-58、59-60、61-62(各cm)の4サイズをラインアップしている。

CONTACT

問い合わせ先 アライヘルメット
電話番号 048-641-3825
URL https://www.arai.co.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ツーリングバッグ専用】のクリーナー&コーティングセットが「モトフィズバッグメンテナンスセット」! 【タナックス】から業界初!で発売 バイクでも採用が進むスマートキー、4輪みたいな「リレーアタック」盗難の危険性はある? 【FIVE】「BOXER EVO WP」は「まだ寒さが残る春先から……」にぴったりのライディンググローブ!

カテゴリー記事一覧