新製品

アドベンチャーモデルとの抜群の相性を見せる、ラパイドネオの新カラーに注目

アライは、シンプルな造形で人気のラパイドネオに、2020年デザイナーズシリーズ第一弾として、グラフィックモデル「オーバーランド」を設定した。

●ベージュ・カーキ

ラパイドネオは、頭頂部のベンチレーションを廃することでヘルメットの丸さを強調し、クラシカルなデザインに仕上げたフルフェイスヘルメット。
このオーバーランドをデザインしたのはミュージシャンのCDジャケットなどを手掛ける加藤ノブキ氏。アースカラーとまるでゴーグルを付けているような黒いラインを特徴とし、アドベンチャーモデルなどとのマッチング性を高めている。

●オリーブ・カーキ

カラーはベージュ・カーキとオリーブ・カーキの2色を設定。価格は5万4000円(税別)で、サイズは54/55-56/57-58/59-60/61-62の5タイプを用意する。

CONTACT

問い合わせ先 アライヘルメット
電話番号 048-641-3825
URL https://www.arai.co.jp
  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

A.S.H.クオリティの真髄<#19> 気になる振動が消えまろやかな乗り味に!「A.S.H.(アッシュ)オイル」を油冷旧車+サーキットで検証 【最新ウエアカタログ】高い安全性と通気性を両立! DAINESE・アガデスD72テックスジャケット タイには本物の白バイ、パトカーが一般人を送迎してくれるサービスがあった!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事