新製品

SHOEI EX-ZEROのグラフィックモデル、イクエージョンに黒を基調とする新カラーが登場

1980年代にリリースされたSHOEI EXシリーズをイメージモチーフとしたクラシカル フルフェイスヘルメット、EX-ZERO。そのグラフィックモデルであるイクエージョンに、ニューカラーとなるブラック×ホワイトを設定した。

EX-ZEROは、丸い頭頂部とオフロードモデルのようなチンガードを融合させた、クラシカルなデザインを特徴とするモデル。デザインはレトロだが、帽体にはガラス繊維を基に3次元形状の有機繊維を複合積層化し、軽さと剛性の高さを両立するAIM(Advanced Integrated Matrix) 構造を採用して最新の安全性を確保。また、シールドを内蔵しているため視界が確保でき、オプションでバイザーも用意するので、ゴーグルを併用したオフロードスタイルと、シールドを使ったオンロードスタイルを好みに応じて選択可能だ。

そのEX-ZEROのグラフィックモデルであるイクエージョンに、黒基調の新色が登場。従来のブルー×ホワイトと合わせて2色展開となった。

●ブルー×ホワイト(継続生産カラー)

規格はJIS規格をクリアし、価格は4万6000円(税別)。サイズはS(55cm)〜XXL(63cm)までの全5サイズを用意する。発売は2020年7月となっている。

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
電話番号 03-5688-5180
URL https://www.shoei.com
  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

タイには本物の白バイ、パトカーが一般人を送迎してくれるサービスがあった! よりモダンに美しく SVARTPILEN 701のブロンズカラーのスペシャルエディションが8月登場! ヤマハとタイチのコラボジャケット! 個性的なグラフィックが目を惹く!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP