新製品

SHOEI EX-ZEROのグラフィックモデル、イクエージョンに黒を基調とする新カラーが登場

1980年代にリリースされたSHOEI EXシリーズをイメージモチーフとしたクラシカル フルフェイスヘルメット、EX-ZERO。そのグラフィックモデルであるイクエージョンに、ニューカラーとなるブラック×ホワイトを設定した。

EX-ZEROは、丸い頭頂部とオフロードモデルのようなチンガードを融合させた、クラシカルなデザインを特徴とするモデル。デザインはレトロだが、帽体にはガラス繊維を基に3次元形状の有機繊維を複合積層化し、軽さと剛性の高さを両立するAIM(Advanced Integrated Matrix) 構造を採用して最新の安全性を確保。また、シールドを内蔵しているため視界が確保でき、オプションでバイザーも用意するので、ゴーグルを併用したオフロードスタイルと、シールドを使ったオンロードスタイルを好みに応じて選択可能だ。

そのEX-ZEROのグラフィックモデルであるイクエージョンに、黒基調の新色が登場。従来のブルー×ホワイトと合わせて2色展開となった。

●ブルー×ホワイト(継続生産カラー)

規格はJIS規格をクリアし、価格は4万6000円(税別)。サイズはS(55cm)〜XXL(63cm)までの全5サイズを用意する。発売は2020年7月となっている。

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
電話番号 03-5688-5180
URL https://www.shoei.com
  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

HAWK 11(ホーク 11)の『マフラー』をカスタムすることで手に入るもの【HAWK 11を、深める / カスタマイズ⑤ マフラー 編】 夏に見ると意味不明!?実は命を守っている「矢羽根付きポール」が示すものとは? トライアンフのライディングスクールが先着30名で開催決定! 「第4回トライアンフ・ライディング・アカデミー(TRA)」が本日より参加募集開始

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション