新製品

クラシックバイクにも似合うSHOEIのJ・Oにブルー、グリーン、シルバーの3つの新色が登場

SHOEIは、クラシカルなデザインがクラシックバイクやネオクラシックモデルに似合うオープンフェイスヘルメット、J・Oに3つの新色を追加した。

J・Oは頭頂部にベンチレーションなどを付加物を持たず、帽体の丸さが強調されているのが特徴。下端部を3段階に位置調整可能な内蔵シールドは、メガネやサングラスと干渉しにくく、さらに風の巻き込みを最小限に抑える開閉角度や形状となっている。

そのJ・Oに、ラグナブルー(上写真)、ブリティッシュグリーン、マットライトシルバーの新色を設定、既存食のオフホワイト、ブラック、マットブラック、マットブラウン、ラットグレーの5色と合わせ、単色モデルは全7色のラインアップとなった。

●ブリティッシュグリーン(左)、マットライトシルバー(右)

帽体には、ガラス繊維を基に3次元形状の有機繊維を複合積層化し、高剛性と軽量化を両立したAIM構造を採用しており、規格はJIS規格をクリア。価格は3万2000円(税別)で、S(55cm)〜XXL(63cm)までの全5サイズが用意される。発売は2020年7月となっている。

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
電話番号 03-5688-5180
URL https://www.shoei.com
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

通勤に最強の乗り物は軽自動車? 原付? 運用コストやメリット・デメリットを超ガチに比べてみた 独ヲタ アッキーがポップアップストアを展開するアウトドア系イベント「モーターキャンプエキスポ」は大阪万博公園で6月15日・16日に開催 「カルドのメッシュ通信使ってみようキャンペーン」が2021年8月20日より開始 PACKTALK SLIM JBLが約半額で買える!!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション