新製品

SP忠男からNINJA250用マフラーが登場

NINJA250を思い切り楽しむためのマフラー

 

SP忠男が、2018年モデルのNINJA250用マフラー「POWER BOX MEGAPHONE」をリリース。

低い回転域からパワーバンドが強く立ち上がるセッティングを施しており、その本領は6000rpmから。上質な特性に加えサウンドにもこだわっており、およそ250㏄とは思えない図太い加速とサウンドを堪能できる。材質はステンレス。装着したままでもドレンボルトとオイルフィルターの交換が可能となっている。

1980年代車のようなピーキーな特性のマシンをさらに楽しめる、オススメのマフラーだ。


車種:2018〜NINJA250

製品名:POWER BOX MEGAPHONE

価格:6万4800円(税別)

素材:超軽量ステンポリッシュサイレンサーアウター/超軽量ステンレスサイレンサー

音量:93dB(近接)77dB(加速)

ドレンボルト:◯ オイルフィルター:◯

公道走行可能

 

 

問:スペシャルパーツ忠男

〒111-0033 東京都台東区花川戸2-17-10

TEL03-3845-2009 FAX03-3844-8449

http://www.sptadao.co.jp/

  1. HAWK 11(ホーク 11)の『マフラー』をカスタムする

  2. 【待ちに待った瞬間】 HAWK 11(ホーク 11) 納車日の様子をお届け!

  3. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  4. “ワインディングが閉ざされる冬。 HAWK 11(ホーク 11)となら『街の朝駆け』も悪くない。

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. Honda純正「ULTRAオイル」で安心のバイクライフ

  7. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  8. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

おすすめ記事

【元警察官】が語る「ドラレコのデータは重要な証拠になるが、自分が不利になる可能性も!過信はダメ!!」 バイクは「水没」で“死ぬ”のか? クルマに比べるといつも雨ざらしな感じだけど? フレームまで木製で公道走行可能!! 現役大工が趣味で作った驚異の木製バイク

ピックアップ記事

PAGE TOP