新製品

ファンティック キャバレロ用純正カスタムパーツが充実! ローダウンキットやサイドバッグが新登場

ファンティックを取り扱うサイン・ハウス車両事業部は、キャバレロシリーズ用のカスタムパーツを発売した。

今回発売されたのは、ラリー500を除くキャバレロシリーズに適合するローダウン・キットと、キャバレロ スクランブラーとラリー500に対応するサイドバッグ用キャリヤ、そしてブラックとミリタリーグリーンの2色が用意されるサイドバッグ。

ローダウン・キットはノーマルサスペンションから20mmダウンできる、リヤサスペンションとサイドスタンドのセット。交換するとシート高は820mmから800mmに低減される。

ローダウン・キット。価格:3万2200円

ブラック塗装スチール製のサイドバッグ用キャリヤは、サイドバッグを装着するときには必須となる。サイドバッグは開口部が広いロールトップタイプで、中の荷物が見やすいようオレンジ色の内側生地を採用している。

サイドバッグ用キャリヤ(フレーム)。価格:2万円

サイドバッグは、ブラック(左)とミリタリーグリーン(右)の2色をラインアップ。価格:2万700円

CONTACT

電話番号03-3721-1770

問い合わせ先 サイン・ハウス車両事業部
URL https://caballero.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

世界初の可変マス機構を誇った専用設計650ccツイン「スズキGR650」[1983]……隆盛の陰に短命車あり【1980〜2000年代に起こったバイクの改変 その6】 シブッ!「EX-ZERO MM93 COLLECTION MASTER」と、ハデッ!「X-Fifteen MARQUEZ MOTEGI 4」の、マルケスコラボが新登場! 【SHOEI】から ヘルメットをいつも美しく! SHOEIからマットカラー対応のヘルメットクリーナー&水滴を弾くシールド撥水剤が登場

カテゴリー記事一覧