新製品

ナイトロンからトライアンフ スピードツイン用のローダウンリヤショックが登場

ナイトロンジャパンは、トライアンフのスピードツイン(19年型〜)用ローダウンリヤショックアブソーバーを発売した。

今回リリースされたのは、1ウェイダンピングアジャスターを搭載した内蔵リザーバタンクモデルのツインショックR1シリーズとステルスツインR1シリーズ(上写真)の2タイプ。

●ツインショックR1シリーズ

交換することでスタンダード比で15㎜ローダウンでき、シート高は792mm、最低地上高は140mmとなる(フロントフォーク推奨突き出し量は3mm、サイドスタンド使用可)。なお、注文の際は「ローダウンモデル」と伝える必要がある。

価格は、ツインショックR1シリーズ(TST11SG-BK)が9万8000円、ステルスツインR1シリーズ(TST11SS)は12万2000円(いずれも税別)。ツインショックR1シリーズは、3タイプのカラーバリエーションにブラックまたはターコイズのスプリングの組み合わせが可能だ。

CONTACT

問い合わせ先 ナイトロンジャパン
電話番号 048-812-5188
URL http://www.nitron.jp
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

GSX-600F スズキ カタナ KATANA ル・マン優勝車「初代・油冷GSX-R750」の系譜を継ぐナゾのカタナ「スズキGSX-F」シリーズとは? ミッドランド、カルド、ユークリア3社が「つながる」!「MIDLAND」のインカムが新規格「OBI(オープンブルートュース インターカム)」に参画 「ホンダの二輪はEVだけでなく、エンジンの挑戦も続けます」ホンダ二輪部門最高責任者に独占インタビュー

カテゴリー記事一覧