新製品

【オススメ度NO.1アイテム特集!】突出した通信ネットワークの強さ! ミッドランド「BTメッシュ」

インカムの最新モデルでトレンドとなっているのが“メッシュ”。従来のインカムではグループ通話をする際に、メンバーが順番に手をつないでいくように、お互いのインカムをペアリングしていく必要があった。この操作が煩わしく、そしてビギナーには難しく感じられたものだ。

ミッドランド製インカムのフラッグシップ「BTメッシュ」(シングルパック=3万7400円、ツインパック=6万7320円)は、文字どおりそんなグループ通話を“数珠つなぎ”から“メッシュ=網の目”につなぐ技術「MMC」を搭載。
グループ通話ではメンバー同士を自動的に網の目状につなげてくれるので、煩わしいペアリング操作がほとんど皆無。何より、同時に10人のグループを組めるため、大勢のツーリングに最適だ。

とてもスリムな厚みのウエッジシェイプ(くさび形)デザインのボディは、BTシリーズのアイコン。
大きな3ボタン+2ボタンの5ボタンレイアウトも伝統で多くのユーザーに支持されている。

また、走行中にグループが2つ、3つに分かれても、グループ通話が途切れることなく継続。再びメンバーが合流すれば、自動的に元の大きな通話グループが復活する。
ハイエンドモデルというと、操作が難しい、というイメージがあるが、「BTメッシュ」はむしろシンプルにグループ通話を楽しませてくれるインカムなのだ。

 

BTシリーズ共通のヘルメット取り付けベース。マイクやスピーカーのケーブルは、すべてホルダー側に集約されていて、インカム本体の脱着はワンタッチ。パーキングで駐車する際にインカム本体を取り外して置く際にとても便利だ。

 

最新バージョンアップ情報!


最新版のファームウェアでは、BTメッシュとBluetoothインカムを1対1で接続する際の通信距離が、10mから最大200mに伸びるなどの機能拡張が受けられる。ミッドランドHP内の「インカム詳細設定プログラム」からダウンロード!

 

CONTACT

問い合わせ先LINKS
電話番号TEL:︎075-708-2362
URLhttps://www.midlandradio.jp

 

report●八百山ゆーすけ/photo●佐藤竜太・モーターサイクリスト編集部

おすすめ記事

KTMアドベンチャー「自分に合う1台を探せ!」 パワーとエキサイティングさを余すことなく使い切れる390アドベンチャー ホンダVT250Fは「打倒2スト」を目指した250スーパースポーツだった【250の名車・ホンダVT系の歴史 前編】 ファンティックがミラノショーで新型オフロードモデルを発表
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. NC750X 2021
  1. NC750X 2021
  2. トライデント660 トライアンフ
PAGE TOP