新製品

【オススメ度NO.1アイテム特集!】これぞヤマハの伝統カラー ワイズギアの グラフィックがカッコイイっ!

最近のレースシーンにおける各社マシンは、ブランドカラーやスポンサーカラーが基調となったものが大半である。
では、ヤマハのレースカラーはと聞かれたらファンの大半は「ブルー」と答えるかもしれない。

ヤマハ発動機の専業子会社であるワイズギアからリリースされているAuthentic Sports外装セットに、壮年のファンは懐かしさを感じるはず。また、若者世代には新鮮に見えるのではないだろうか。
まさに、このストライプカラーこそ、ヤマハの伝統カラーであり、往年のイメージを現代によみがえらせたと言っても過言ではない。

シックなバリエーションが売りのMT-09に、オーセンティック外装を装着するだけで、上品且つレーシーなイメージに変貌する。カラーリングやグラフィックの持つ力はやはり偉大だ。これだけのものをカスタムペイントすると相当な額になる。設定されている価格はリーズナブルだろう。オーセンティック(本物)というネーミングどおり、ヤマハのヒストリーを語るうえで、ファンにはたまらない一品だ。

 

赤色はセンターとサイドのラインで使われ、細いラインがアクセントになっている。白の上に乗ると音叉マークが一際鮮やかに見える。MT- 09のフューエルタンクは複雑な面を持つ造形なのだが、このカラーリングだとすっきりとした感じになるから不思議だ。

センター赤ラインの延長線になるフロントフェンダーは全面赤になる。これはレーシングマシンも同じ。

ストライプをバイクのボディラインに合わせてデザインされているからパーツ単位でも見事にマッチしている。オーセンティック外装セットはフロントフェンダー、エアスクープ、サイドバイザー(ライト下)、フューエルタンク、ラジエターサイドカバー、サイドカバー一式で12万6500円となる。

 

CONTACT

問い合わせ先 ワイズギア
電話番号 TEL:0570-050814
URL https://www.ysgear.co.jp

report●石橋知也/photo●佐藤竜太・モーターサイクリスト編集部

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW MODEL】2019年6月21日発売! スーパーカブC125に新色追加!! 帝都産業 TEITO S-11 インカムとドラレコがひとつになった!! 自分の声も録音できて便利な「帝都産業 TEITO S-11」 平嶋夏美が【MIDLAND】ブランドの公式アンバサダーに!自身も愛用するインカムの快適性能を紹介!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション