新製品

サイン・ハウスがB+COMのニューモデル、ONEを発表

B+COMシリーズのインターカムをリリースするサイン・ハウスは、ベストセラーインカムであるB+COM SB6Xの機能を取り入れたスタンダードモデル、B+COM ONE(ビーコム・ワン)を2020年春に発売する。

17年夏に発売されたB+COM SB6Xは、簡単な操作でグループ通話が可能なB+LINKや優れた音質、高い操作性などで人気となったシリーズのハイエンドモデル。度重なるアップデートによって使い勝手を高め、最新バージョンでは最大6人でのB+LINK通話や、スマホアプリ「B+COM U Mobile App」との連携などを実現している。

B+COM ONEは、6人でのB+LINK通話や他社インカムとも接続できるユニバーサル通話/ユニバーサル・レシーブ通話、高音質B+COMサウンドシステム、直感的に使える操作性、スタイリッシュなデザイン、IP67相当の防水機能などをSB6Xから継承。もちろん、ONEとSB6XとミックスしてのB+LINK通話も可能だ。スピーカー端子を兼ねる充電端子にはSB6Xと同じUSB-Cプラグを採用しており、B+COM U Mobile Appに対応する予定。

両者の大きな違いは、SB6Xがブルートゥースチップを2つ搭載するのに対しONEは1つとなっているため、音楽などを聞きながらインカム通話する「聴きトーク」機能を持たないことくらい。その分、価格の大幅なダウンと筐体の小型・軽量化(SB6X:60g、ONE:43g)を実現している。

オープンフェイスヘルメット用のアームマイクユニットタイプと、フルフェイスヘルメット用のワイヤーマイクユニットタイプをラインアップし、価格はいずれも2万7000円(1台・税別)。高機能が手ごろな価格で手に入るB+COM ONEなら、SB6XのB+LINK機能を使ったツーリンググループにより手軽に参加できるだろう。

 

CONTACT

問い合わせ先株式会社サイン・ハウス
URLhttps://sygnhouse.jp

おすすめ記事

社会問題化している「半導体不足」はバイクライフにどんな影響を及ぼすか? タナックスのモトフィズバッグを購入してオリジナルグッズをもらおう! ついに伝説の並列6気筒マシン ホンダ・CBX1000の新型が登場!……したらこんな感じ? 40年前の旧車がクールなカフェレーサーに大変身!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP