新製品

旗艦ヘルメット、Xフォーティーンにマットな新色が登場

SHOEIは、フルフェイスヘルメットのXフォーティーンに新色を追加した。

Xフォーティーンは、強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合素材をベースに、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維素材をプラスしたAIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)を採用し、レースにも対応する高い保護性能と優れた空力性能を持つ同社のフラッグシップモデル。そのXフォーティーンに、マットブルーメタリック(上写真)とマットディープグレーの2色がラインアップに加わった。

●マットディープグレー

規格はJIS、スネルをクリアし、MFJ公認も取得。価格は6万円(税別)で、XS(53cm)〜XXL(63cm)までの全6サイズをラインアップする。発売は2020年2月となっている。

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
電話番号 03-5688-5180
URL https://www.shoei.com
  1. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  2. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  3. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  4. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  5. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  6. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

世界初公開「ホンダ CB-Fコンセプト」 モチーフはむしろスペンサーの#19 CB750Fレーサーか カメラマン柴田のGB350日記#11「0円でできるチューニング=リヤショックで味変と、ABSとトラコンと」 小さいながらも多用途、携帯して損はない KIJIMAの「スマートエアポンプ」は買い!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP