新製品

個性的な蛍光カラーを採用したZ-7のニューカラー

SHOEIは、軽量・コンパクトが特徴のフルフェイスヘルメット、Z-7に新色のZORK(ゾーク)を追加した。

Z-7は帽体サイズをSサイズ以下用のシェルを含めた4サイズとし、パーツの軽量化と相まってスポーツヘルメットとしては非常に軽量に作られている。首への負担を軽減するエアロフォルムも採用している。

そのZ-7に、鮮やかな蛍光カラーを採用した新色が受注限定販売モデルとして登場。上部をホワイト、下部をブラックとし、その間にイエローやピンクなどの鮮やかなカラーを用いた個性的なグラフィックを採用している。

●ピンク×ホワイト

規格はJIS規格をクリア。価格は5万3000円(税別)で、XS(53cm)〜XXL(63cm)までの全6サイズをラインアップ。発売は2020年2月となっている。

CONTACT

問い合わせ先 SHOEI
電話番号 03-5688-5180
URL https://www.shoei.com
  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

『モーターサイクリスト』1月号発売中!! 付録は「新型CBR1000RR-Rファイアブレード特製クリアファイル」 名車再生!?YDS-3レストア録リターンズ 第1回:オシャレは足元から? ハブ&ブレーキパネル磨き クラシカルスタイルのW800用リヤショックアブソーバー2タイプ・4モデルが登場

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション