新製品

「レザーは冬は寒い」の常識を覆すHYODの冬用レザージャケット

冬もレザースタイルを貫くライダーのためのパーカ
HSL802D ST-X ライト[セルティス D3O]

レザージャケットと聞くと、「防風性はあるが暖かさはイマイチ」と思う人もいるだろう。本革は風を通さないものの、冷気に当たると生地が冷えるため保温性に劣るのは事実。

しかし、このセルティスD3Oなら防寒性も問題ない。なぜなら、内側に着脱可能なパイル状のアクリルシープボアを内蔵しているからだ。
アウターのレザーが冷気の侵入を防ぎ、インナーで保温性を高める。この理想的な組み合わせなら、寒い冬でも安心して着続けることができる。
 
柔軟で体によくなじむカウライトレザーモデルと、マットな質感でソフトな手触りのゴートレザーモデルをラインアップ。
その優れたフィット感に貢献しているのが、ヒョウドウ製ウエアの代名詞でもあるD3Oプロテクターだ。

HYOD 冬用

普段は柔軟だが、強い力が加わると素材の分子同士が結合して衝撃を吸収・拡散するD3Oを使ったプロテクターを肩と肘に標準装備。
背中のフォームプロテクターは別売りのD3Oヴァイパーステルスバックボーンプロテクターに交換可能で、胸にもD3Oエアチェストプロテクターなどを装着できる。

レザージャケットながらフードを採用するカジュアルさに加えて、レザーの質感を際立たせるステッチ、デザインのアクセントになるポケットなどの造形の遊び心も魅力的。
若者はもちろん、落ち着いた大人のライダーに是非とも着てもらいたい。

●価格:7万1500円

●サイズ:M~3L(3Lはブラック、ブラックゴート、ネイビー×ホワイトステッチのみ)

●カラー:カーキ、ブラック、ブラックゴート、ダークブラウン、ネイビー×ホワイトステッチ

 

HYOD・その他の注目ウェア

STJ538D ST-W
バック-iD D3O パーカ

●価格:4万3450円
●サイズ:M~3L、WS、WM、WL(WS、WM、WLはティアブラック×ホワイト、ティアネイビー×オレンジのみ。3Lはブラック×グレーのみ)
●カラー:ネイビー×オレンジ、ブラック×ホワイト、ブラック×グレー、ブラック×カーキ、レッド×ブラック、オレンジ×ホワイト、ティアブラック×ホワイト、ティアネイビー×オレンジ(以上2色ウィメンズモデル専用色)

防水透湿ライナーや起毛トリコットを用いた着脱可能なウォームインナーを装備する防寒テキスタイルパーカ。
両腕は左右非対称カラー、背面には斜めに大型のロゴを採用する個性的なデザインが特徴だ。
上腕と裾にはバタつき防止のためのアジャスターも備わる。

H3J502
HYOD 365"マドファ"

●価格:2万1890円
●サイズ:M~3L(3Lはブラックのみ)
●カラー:ネイビー、ライトグレー、ブラック

バイクに乗らない日でもバイクを感じさせてくれるライディングウエアが、HYOD365シリーズ。
このマドファは、変わり織りの生地や斜めのフロントファスナーが目を引く落ち着いたカジュアルジャケットで、防風加工された表地と中綿により防寒性も併せ持つ。

HYD533D
HYOD D3O バイカーズパンツ"ウォームレイヤード"

●価格:2万1890円
●サイズ:29~34
●カラー:インディゴ(エイジドウォッシュ)、インディゴ(ワンウォッシュ)

ポリウレタンフィルムとソーラーセンサーを用いた冬用ライディングデニムパンツ。
前傾姿勢を取ってもしっかりとフィットする独自のパターンとストレッチ性により、楽にライディング姿勢が取れる。
前側は膝下までを2重構造として防風性と保温性を高めている。

柔軟性に富むシープレザーを採用
H3L501 HYOD365〝アックス〞

HYOD 冬用

●価格:6万1600円

高い保温性を持つポリエステル製の中綿を採用したダウンライクジャケット。
しなやかさと軽さを特徴とするシープレザーにより上質さと共に優れた着心地を持つため、ライディング中だけでなくタウンユースにも適している。
フードは着脱可能だ。

CONTACT

問い合わせ先 ヒョウドウプロダクツ
URL http://www.hyod-products.com
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

ドゥカティ アポロ V4 今から約半世紀前に生まれた、ドゥカティV4の原点「アポロ」とは Z1 モリワキ 8耐 「モリワキZ1」第1回鈴鹿8耐参戦マシン、悲運に泣いたゼッケン3番車の中身とは? ツーリング中も極上のサウンドを堪能できるRCF監修のスピーカーを搭載! ミッドランドのインカム「BT R1アドバンスト」

カテゴリー記事一覧