新製品

【NEW ITEMS】ストリートでの究極の性能を手に入れろ!! キタコからBMW車対応のブレーキパッドが登場

キタコからBMW車対応のSBSブレーキパッド、「SPパッド」が新たに登場した。

SBSパッドと言えば、デンマークに本拠地を置くブレーキパッドの老舗メーカーだ。日本ではキタコが販売元となる。
そのシェア数は世界トップクラス。絶対的な制動力と初期タッチやコントロール性、耐熱性などを両立させた非常に高性能な点が魅力である。
レースでも使用されたことがあり、その性能は折り紙付きだ。

SBSパッドにはストリート用、オフロード用、レース用など幅広いラインナップがあり、ストリート・レース向けには「HS」と呼ばれるストリート向けパッド、「RS」と呼ばれるレース向けパッドが存在する。
HSはあくまで行動で必要とされる機能を、RSはサーキットなどで必要とされる機能を追求したタイプだ。

今回新たに登場するSPパッドはHSとRSの性能を融合させ、ストリートでの究極を目指したブレーキパッドだ。
街乗りからツーリング、更にはワインディングやサーキットを楽しみたいと言う欲張りなライダーには一押しの製品である。

SP EVO SINTER

●価格:5800円(税抜)

●商品コード:777-0960050

●対応車種:BMW 「S 1000RR(’19~)」、「R 1250 GS/アドベンチャー(’19~)」、「R 1250RT/スポーツ(’19~)」、「R 1250 R/RS(’19~)」

 

CONTACT

問い合わせ先 キタコ
URL https://www.kitaco.co.jp

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

『モーターサイクリスト』4月号は3月1日!! 付録は「ホンダNT1100ほか最旬ツアラー完全ガイド」 首都高に自転車や原付が!? 「そこを走ってはいけないもの」を見たときはどうすればいい? 7月9日決勝、2023「鈴鹿4耐」ST600はヤマハレーシングインドネシアの松岡 /ファドリ組が優勝!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション