新製品

【NEW ITEMS】オージーケーカブト 「RT-33」のグラフィックモデル「DARK(ダーク)」が追加

オージーケーカブトは「世界で戦える、軽量ハイスペック・スポーツモデル」のフルフェイスヘルメット「RT-33」の新グラフィックモデル、「DARK(ダーク)」を2019年7月末に発売する。

RT-33はJIS規格、ECE 22-05規格、そしてサーキット使用の条件MFJ公認の規格をクリアしている製品だ。
レースにも対応可能な安全性と快適な機能性、先進のデザインを併せ持っていると言える。

今回登場するDARKはベースとなるブラックの下地の上にサイボーグに変わりゆくスカルが描かれており独創的なグラフィックで個性が主張される。
ブラックのヘルメットにレッドのライン、ゴールド・グレーのグラフィックが非常によく映え、SSタイプのバイクに似合いそうなスポーティさが感じられる。

 

RT-33「DARK」

●価格:4万2000円

●カラー:フラットブラック

●サイズ:XS(54-55cm)/S(55-56cm)/M(57-58cm)/L(59-60cm)/XL(61-62cm未満)

●規格:ECE 22-05規格、JIS、MFJ公認

●発売日:2019年7月末発売予定

RT-33「DARK」の主なスペック

●従来の構造を進化させた高強度複合素材構造(A.C.T.-EVO/R)を開発、欧州ECE22-05規格と国内MFJ規格をクリアした軽量高剛性帽体。

●”ウェイクスタビライザー”による気流コントロールで、優れた走行安定性を実現。

●「SAF-Wシールド」を採用、シールドの曇りを抑えるワイドタイプのMAXVISIONピンロックシート(Pinlock®Original Insert Lens)を同梱。

●肌にあたる部分に肌触りの良い速乾COOLMAX®生地を使用。内装フル脱着も可能。

●操作しやすい形状のチン/ヘッド/リアベンチレーションを採用、効率良く走行風を導入、内部の熱気を排出。

●眼鏡をスムーズにかけることができるチークパッド形状「眼鏡用スリット」機能。

●アンダートリム形状の工夫により、ストレスが少なくスムーズなヘルメットの脱着を実現。

●シールド裏面への吹き出し面積を拡大した専用ブレスガードを採用。

●走行中に発生するあご付近の風の巻き込みを軽減するウインドシャッターを同梱。

 

CONTACT

問い合わせ先 オージーケーカブト
URL http://www.ogkkabuto.co.jp

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

FJ1100 ヤマハ 東京モーターショー ヤマハ FJ1100開発ヒストリー「空冷で最高速230km/h超」80年代、世界最速を目指したマシンが生まれるまで 短命に終わったホンダ渾身の大排気量2ストマシン、NS400Rってどんなバイク? 「オリジナルサイドスタンドパッド」が特別付録のモーターサイクリスト4月号、2月29日発売です!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP