新製品

アライのオープンフェイスヘルメット、VZ-RAMに中上貴晶レプリカデザインモデルが登場

アライは、オープンフェイスヘルメットのVZ-RAMに、MotoGPクラスに参戦している唯一の日本人ライダー、中上貴晶選手のレプリカデザインを採用した「VZ-RAMナカガミGP2」を追加。3月上旬に発売する。価格は6万4900円。

アライでは、アクシデント発生時に路面などの僅かな段差にもヘルメットが引っ掛かることなく衝撃を「かわす」性能を重視。そこで、SNELL規格のテストラインから上(ヘルメット上部)の段差を無すため、本来は開閉不可能な位置までシールド取り付け部を下げたVASシールドシステムを開発した。VZ-RAMはオープンフェイスモデル初のVASシステム、VAS-Zシールドシステムを採用することで安全性能を高めているのが特徴だ。

今回追加されたナカガミGP2は、2020年に発売したRX-7XナカガミGP2と同じく「ステンドグラス」と「幸運の四つ葉のクローバー」を融合させたカラーリングを採用。明るい色使いでポップなデザインに仕上げている。

規格:SNELL/JIS
帽体:PB-cLc2
内装:ハイフィッティング・アジャスタブル内装(抗菌・消臭・防汚内装/オプションにて調節可能)
サイズ:(54)(55-56)(57-58)(59-60)(61-62)

まとめ●モーサイ編集部

問い合わせ先

アライヘルメット
TEL:048-641-3825
https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ハスクバーナが701スーパーモト&エンデューロの2020年モデルを発表 目指したのは「シン・エリミネーター!?」開発陣に聞いたカワサキ新型エリミネーターの立ち位置とは 「7月1日はヤマハの誕生日」1955年生まれ、2021年で66歳に!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション