新製品

変身ベルトでコードを巻け!!「仮面ライダーシリーズ」からガジェットグッズが登場

昭和ライダー&平成ライダーの共演!!「仮面ライダーシリーズ」モチーフのガジェットグッズ

カルチュア・エンタテインメント株式会社から「仮面ライダーシリーズ」をモチーフとしたガジェットグッズが発売されます。

発売されるのは、歴代仮面ライダーシリーズから「仮面ライダー1号」「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーゼロワン」の3作品の変身ベルトをモチーフとした、ガジェットケースと、この3作品に「仮面ライダーBLACK」「仮面ライダーW」の2作品を加えた計5作品の変身ベルトをモチーフとしたケーブルクリップの2アイテム。

予約受注は2023年1月11日よりすでに始まっており、発売日は2023年5月下旬頃の見込み。“ワクワクが集まるECサイト”がコンセプトの「Tファンサイト」にて購入できます。

ガジェットケース

変身ベルトをデザインしたガジェットケース。厚みが37mmあるので、収納力抜群。ケーブルを挟んで固定するベルトは「仮面ライダー1号」「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーゼロワン」の全3作品の変身ベルトを模したデザイン。表には仮面ライダーのロゴが入っています。

【価格】4400円
【素材】表/ポリエステル600D(黒無地)+内側/ポリエステル210D(黒無地)
【サイズ】約240×170×37(各mm)
全1種

ケーブルクリップ

「仮面ライダー1号」「仮面ライダーBLACK」「仮面ライダークウガ」「仮面ライダーW」「仮面ライダーゼロワン」の5作品の変身ベルトをデザインしたケーブルクリップ。両端のマグネットで、挟んでケーブルをまとめることができます。

【価格】各880円(税込)
【サイズ】約110×26mm/(仮面ライダー1号のみ)約110×35mm
【素材】ソフトPVC/ネオジウムマグネット
全5種

ファン心をくすぐる変身ベルトモチーフのギミックの詰まったガジェットグッズは、昭和から平成まで世代を超えて要チェックです!!

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●カルチュア・エンタテインメント株式会社

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

カメラマン柴田のGB350日記#10「自分流足着き向上法と、GB350Sと、日本一調子がいいGB350」 「オリジナルサイドスタンドパッド」が特別付録のモーターサイクリスト4月号、2月29日発売です! ドゥカティ ムルティストラーダV4開発スタッフに直撃インタビュー「V4エンジンでデスモをやめた理由は? 前19インチ化の目的は?」

カテゴリー記事一覧