インプレッション

【CLOSE UP!】 FORMA アーバンシリーズ ソウル

フットウエア専門メーカーのアーバンシリーズ最新作

イタリアのブーツメーカーであるフォーマは、長年培ってきた技術を用いてロードレースやモトクロス、エンデューロ、ツーリングなど、幅広いシーンに向けて製品ラインアップを展開している。シティユースにふさわしいスタイリッシュなデザインを持つ「アーバン」というシリーズもあり、「ソウル」はそのアーバンシリーズの最新作である。

ワックス加工したスウェードレザーを素材に用いたスニーカータイプのフットウエアで、軽快なフォルムながら独特のファッション性がにじみ出る仕上がりとなっている。革の柔軟性は履き始めから十分で、足へのフィット感も良好。サイドにファスナーを備えているので脱ぎ履きも楽だ。外観をすっきりさせるためか、シフトペダルと接する面にこすれ防止用のガードはないが、つま先やかかと、くるぶしにパッドが入っており、防護力はしっかりと確保されている。また、ライディング中にペダルに引っ掛からないようにシューレースの結び目を収納できるホルダーも設定されているので、安心してライディングに供せる。

そして、ありがたいのは、突然の雨でもブーツカバー要らずの防水透湿仕様であること。晴れでも雨でも、バイクに乗る日でも乗らない日でも、気兼ねなく履くことができるのだ。カジュアルなコーディネイトでバイクライフを楽しみたいライダーの良き相棒となるアイテムである。

サイズ●25.0㎝~28.5㎝ カラー●グレー×ブラウン、ブラック×ホワイト

価格●2万6784円 問●岡田商事 ☎03-5473-0371 http://www.okada-corp.com

 

(report●林 康平 photo●長谷川拓司)

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

PCX e:HEV メーター ハイブリッド ハイブリッドはバイクに向かない?「国産メーカーではホンダとヤマハのみ、採用車種も少ないのはなぜか」 【元警察官】が解説!「ゼブラゾーン」は危険地帯!? 「走れる」「走れない」「走らないほうがいい」……どれがホント? よりモダンに美しく SVARTPILEN 701のブロンズカラーのスペシャルエディションが8月登場!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション