インプレッション

旅にも合う「YOSHIMURA Slip-Onマフラー」

さすが老舗メーカーの風格! Z900RSの扱いやすさが向上

●「Slip-On R-11 サイクロン1エンド EXPORT SPEC 政府認証」価格:9万7200円(SSF=サテンフィニッシュカバー……取材車に装着。素材:ステンレス 重量:2.0kg(STD 2.2kg) ※他にカバーの材質や加工の違いでSM〈10万440円・2.0㎏〉、ST〈10万3680円・1.8㎏〉、STB〈10万5840円・1.8㎏〉の3種類あり)

今回試したヨシムラスリップオンR-11サイクロン『サテンフィニッシュカバー』はステンレス製なので、重量はスタンダードより200g軽い2kg。チタン+カーボンの仕様なら400g軽くなる。

●こちらはチタンブルーカバー/カーボンエンドタイプのSTB。10万5840円

そのサウンドはスタンダードより少し低音成分が強調された野太いものであると同時に、角の取れたまろやかな感じで、いかにも4気筒という雰囲気を醸し出している。

正直に言うと、マフラーのサイレンサー部分だけを交換するスリップオンだから、大きな性能的変化は期待していなかった。しかし、走り出すとすぐに低中回転域が格段にスムーズになっていることが分かる。

●スタンダード状態

スタンダードの吹け上がりはともすれば、ガー、ガーといったフィーリングだが、このR-11ではサウンドも挙動も滑らかになった。パワーカーブを確認すると、スタンダードのやや波がある部分が、より滑らかなカーブに是正されている。

●ヨシムラスリップオン仕様

さらに5000回転以上の高回転域では、若干のパワーの上乗せがされており、9000回転付近までスタンダードよりも軽快に吹け上がるのである。総じて、より滑らかで扱いやすい性格になっている。

●ツーリングでも心地よい使用感

さすがヨシムラ。性能的向上は明らかだ。その外観の美しさは言うまでもなく、このパフォーマンスで9万円台という価格は、かなりのバリューがあると言っていいだろう。

レーサー直系フォルムの“R-11”

●三角形ベースのテーパー形状が特徴的なR-11は、ヨシムラレーサーにも採用されていた逸品。意外や端正なスタイルのZ900RS(かつツーリングバッグを積んだ旅姿)にも非常にマッチしていた

●一体感を演出する写真の「オプションヒートガードSET」(5184円)や、Z900RS専用の「リアスタンドブラケットセット High Line(スイングアームに装着。マフラー写真の直下に見える赤い部品。7344円)も押さえておきたいパーツだ

 

【バリエーション】丸みを帯びたデザインの“R-77S”

●Z900RS用ヨシムラサイクロンシリーズで最軽量(1.6㎏:チタンカバー)となるR-77S(7万9920円~)。多角形のサイレンサー形状はネオレトロモデルにも合う

 

【バリエーション】伝統的フォルムを今に受け継ぐ“BREVIS”

●長さ300㎜というコンパクトな丸型サイレンサーが目を引くZ900RS用のブレビス(6万4800円~)。エンド部分のレーザーマーキングなど高級感にあふれる仕上がり

 

問 ヨシムラジャパン  ☎0570-00-1954 http://www.yoshimura-jp.com

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

A.S.H.クオリティの真髄⑤ ちょい古空冷エンジンを熱ダレから守りたい! 春のツーリングに行きたい!全国お薦め旅先セレクション〜中部編〜 気分は空母&艦載機!? バイク+クルマで遊びの幅がもっと広がる【東京オートサロン2020トランポ特集】

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション