インプレッション

【ハンドルまわり快適化計画】ワイヤレス充電で電池切れの心配なし!! ライズインターナショナル・ワイヤレスチャージャー&バイクマウント

近年、バイクのハンドルまわりにスマホを固定してナビ代わりに使用する人が増えている。
パーツメーカー各社から便利なスマホマウントがリリースされているが、やはりこの手の技術は日進月歩。最新のスマホマウントなどの各種ギアは使い勝手も非常によく、見た目も上質なものが多くあるのだ。

今回はそんな最新ツーリングアクセサリーの中から、編集部オススメのものを紹介。
第5回目はスマホホルダーに取り付けると給電も可能になる、ライズインターナショナルのワイヤレスチャージャー&バイクマウントを紹介!!

 

省スペースで価格も手頃な電源一体型スマホホルダー

電力を多く消費するスマホのナビアプリを使うときは、別途、給電端子を取り付けるかモバイルバッテリーを持参した方が安心。
しかし、給電機能を持つスマホホルダーならそんな心配は必要ない。

ここで紹介するDEF-MS2は、ホルダー自体がモバイルバッテリーであり、電源取り出しのための配線は不要。
ワイヤレス充電機能も備え、対応するスマホならケーブルなしで充電できる。

●一般的なスマホなら1~2回のフル充電ができる5000mAhの容量を持ち、ホルダー部だけを取り外すことも可能。充電用のMicro USBタイプB端子と給電用のUSBタイプA端子を備え、背面にはLEDライトも装備する

一方、ホルダー下部にUSB給電ポートを持つDEF-US2は、車載バッテリーなどと接続することでスマホやモバイル機器に電源を供給するタイプ。
J字型のパーツによりスマホを左右から保持するが、ホルダー自体はコンパクトに仕上げられているのが特徴だ。

●高速充電の規格であるQC(クイックチャージ)3.0に対応しており、同規格を採用したスマホなら素早く充電できる。背面にはスイッチがあり使用しないときはオフにできるので、バッテリー上がりの心配も無用だ

スマホを活用しようとすればするほど、バッテリー残量を考慮せずにはいられない。
その点、ライズのスマホホルダーは非常に実用的な選択肢と言えるだろう。
 

●右側がDEF-MS2。左側がDEF-US2

DEF-MS2 ワイヤレスチャージャー&バイクマウント

価格:4939円
適合スマートフォンサイズ:W65~95㎜×D11㎜まで
適合ハンドル径:φ22.2㎜
Micro USB入力:5V/2.1A
ワイヤレス出力:5V/1A(5W)
出力:5V/2A
容量:5000mAh
ライト電力:2W
充電時間:3時間

DEF-US2 USBチャージャー付スマホホルダー

価格:4290円
カラー:ブラック、レッド、ブルー、ガンメタルシルバー
適合スマートフォンサイズ:W60~90㎜×D11㎜まで
適合ハンドル径:22.2㎜、1インチ、1.25インチ

 

CONTACT

問い合わせ先ライズインターナショナル
URLhttps://ridez.jp

 

センスの良さが光るノートンウェア! クラシックバイク乗りは必需品!

【NEW ITEMS】小さな道具で大きな効果!! 持ち運び可能な防犯アイテムが8月販売予定!!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜春夏を快適に過ごすための…
  2. 【ハンドルまわり快適化計画】ハンドル交換で愛車のスタイルが変幻自…
  3. 【ハンドルまわり快適化計画】押し当てて回せば装着完了! ユーロギ…
  4. 【ハンドルまわり快適化計画】高強度アルミ素材で脱落の心配皆無! …
  5. 【CLOSE UP!】HELSTONS ドゥ レース レザージャ…
  6. 【ハンドルまわり快適化計画】車種別専用設計で最適位置に付けられる…
  7. めっちゃ暖かい!クシタニアキュートジャケット『モニターレポート』…
  8. 【CLOSE UP!】 FORMA アーバンシリーズ ソウル

おすすめ記事

1990年代後半から人気が再燃したカワサキZ2 1970年代現役当時の評価とは? 【オススメ度NO.1アイテム特集!】これぞヤマハの伝統カラー ワイズギアの グラフィックがカッコイイっ! RG400/500Γ、NS400R、RZV500R…… 大排気量2ストWGPレプリカは“失敗作”だったのか 【NEW ITEM】万が一のときの強い味方になる、バイクファーストのドライブレコーダー 新型がついに出るぞ! スーパーカブC125は9月14日発売決定!! 電動アシスト自転車の先祖? 最近話題になったホンダ・ピープルってどんなバイク?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR250RR
  1. CBR250RR
PAGE TOP