用品・グッズ

「コレが欲しかった!」【ハリケーン】のカスタムパーツで作る……「ハヤブサ」の最適ライポジ、「MT-09/SP」のスクリーン装着&フェンダーレス仕様

[PR] sponsored post

「ハリケーン」といえば、バイクのパーツを作って77年の老舗ブランド(会社名は大阪単車用品工業株式会社と四角いのだけど、知ってた?)。マフラーから電装品、ハンドル周りから足周りまで、各車の専用品をそろえてくれているのがうれしい。今回は、ハヤブサとMT-09用パーツの紹介だ。

ハヤブサ (21~EJ11A)を自分仕様にするカスタムパーツが発売

・バーハンドルkit

純正ではセパレートハンドルのハヤブサを、バーハンドル化するキットが発売。ポジションはグリップ部がノーマルより50mm高くなり、10mmライダーに近づく。ケーブル・ホース類はすべてノーマルのままで取り付けられる。構造変更が不要な範囲内での取り付けが可能なので、車検もクリアできる。カラーはオールブラックとオールシルバーの2色から選べる。

ブラック:HBK701B 46,200円
シルバー:HBK701A 46,200円

<キット内容>
・専用ハンドル(スイッチ穴加工済み)
・トップブリッジ
・ハンドルホルダー
*サイドキャップ(ハンドル内径φ18mm用)は別売り
品番・価格
ブラック:HBK701B 46,200円
シルバー:HBK701A 46,200円

装着例。サイドキャップはSSCヘビーウエイト(HB0349B 3,960円)。

・ハンドルアップスペーサー

純正のセパレートハンドルを21mmアップさせるスペーサー。ケーブル・ホース類はすべてノーマルのまま前傾度を弱め、楽なポジションにすることができる。ブラックアルマイト仕上げ、取り付け用ボルト4本付き。

ハンドルアップスペーサー HB0762B 19,800円。

品番・価格 HB0762B 19,800円

・フェンダーレスkit

純正のリアフェンダーを外してリア周りをスッキリと見せるフェンダーレスキット。本体は軽量化と耐久性を考慮したアルミ製。高輝度LEDライセンスランプ、専用ハーネスが付属している。ナンバー角度は40度設定で新基準に対応。リフレクターは別売りで、自分好みのタイプを選んで取り付けることができる。

フェンダーレスキット(HA6669)は、 12,100円。
装着写真のリフレクターはナンバーベース&リフレクターW97(HA5793)で、 3,080円。

品番・価格 HA6669 12,100円

MT-09/SP(21~ RN69J)をスタイリッシュに!

・スクリーン

速度域を高めたときにライダーに当たる風を減らし、疲労を軽減するスクリーン。材質は国産のアクリル樹脂(厚さ3mm)を使用。色はブラックスモーク。専用のアルミステーが付属していて、メーターバイザーのボルトを使用することで簡単に取り付けることができる。

スクリーン(HA6099)は、19,800円。
装着写真のハンドルはFATコンドルハンドル(発売予定)だが、ノーマルハンドルでも干渉なく取り付けが可能。

品番・価格 HA6099 19,800円

・フェンダーレスキット

軽量化と耐久性を考慮したアルミ製のフェンダーレスキット。MT-09/SPのテール周りのシャープさを際立たせることができる。高輝度LEDライセンスランプと専用ハーネスが付属し、ノーマルウインカーの取り付けができる。
ナンバー角度は新基準に対応した40度。リフレクターは別売りで、自分好みのタイプを選んで取り付けることができる。

フェンダーレスキット(HA6668)は、11,220円。
装着写真のリフレクターはナンバーベース&リフレクターW97(HA5793)で、3,080円。

品番・価格 HA6668 11,220円

レポート●NANA-KO 写真●ハリケーン

CONTACT

○ハリケーン
https://www.hurricane-web.jp/

 

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ミャクミャク様ついに町に放たれる!!「 大阪・関西万博仕様のナンバープレート」交付開始から1ヶ月、SNSでも好意的な反応が NT1100 トレーサー9GT F900XR ホンダ NT1100 vs ライバル1000km徹底比較「ヤマハ トレーサー9GT/BMW F900XR」<装備&ライディングポジション編> KTM 790アドベンチャーとデュークがブレーキホースの不具合によるリコールを届出

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション