用品・グッズ

SHOEIのレトロ系ヘルメット「グラムスター」に受注期間限定の新グラフィック「BIVOUAC」(ビバーク)が登場!

最新の安全性・快適性を備えながらクラシックなルックスで人気のSHOEI(ショウエイ)「Glamster」(グラムスター)に、受注期間限定の新グラフィックモデル「BIVOUAC」(ビバーク)が登場。

目元周りに楕円形のグラフィックが施され、レトロ感を一層強めている。カラーはブルー×ホワイト、ブラック×ホワイトの2種類。価格は5万8300円。

発売は2023年1月発売予定。2023年4月末までの受注期間限定となっている。

SHOEI Glamster BIVOUAC(ビバーク)

TC-9(ブラック×ホワイト)
TC-9(ブラック×ホワイト)
TC-9(ブラック×ホワイト)
TC-2(ブルー×ホワイト)

製品概要

価格:5万8300円
規格:JIS規格
サイズ:S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
カラー:TC-9(ブラック×ホワイト)、TC-2(ブルー×ホワイト)

構造:AIM(Advanced Integrated Matrix)
強靱なガラス繊維を基に、あらかじめ3次元形状とした有機繊維を複合積層化。高い剛性を確保しながらも軽量化を可能とした、SHOEI独自のシェル構造。

付属品:布袋、ステッカー、防曇シート、チンカーテン、シリコンオイル、防曇シート用ピン

オプション&リペアパーツ

・CPB-1V シールド:クリア、メロースモーク、ダークスモーク 各 6600円
・SHOEI DRYLENS 056:クリア 3080円 ※防曇シート
・CPB-1V PINLOCK EVO lens:クリア 3080円 ※防曇シート
・CPB-1Vシールドベースセット:2200円
・CPB-1Vアルミナムワッシャー:1320円
・CPB-1Vアルミナムコインスロットスクリュー:880円
・防曇シート用ピン:クリア 275円
・Glamsterフロントエアインテーク:各色 1650円
・EX-ZERO センターパッド:各サイズ 4400円
・Glamster チークパッド:各サイズ 4400円
・J・O チンストラップカバー:1100円
・Glamster 内装セット:8800円
・チンカーテンK:1650円
・SHOEI Universal Com Holder:2750円

CONTACT

○SHOEI

https://www.shoei.com/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

約1万円でドゥカティオーナーになる!……自分で作らなきゃだけど。「パニガーレV4Rレゴ」を製作してみた(作業は10時間かかったよ) 振動を吸収することで走りの質が向上するからカスタム用品No.1 ヤマハ「パフォーマンスダンパー」 コードバンにクロコダイル……話題の「AirTag」ケースを革製品のスペシャリスト・ペアスロープが製作!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション