用品・グッズ

SHOEIのヘルメットGT-AirⅡに新グラフィックモデル「NOTCH」(ノッチ)が登場!

SHOEI(ショウエイ)のプレミアムツーリングヘルメット「GT-AirⅡ」(ジーティーエアーツー)に、グラフィックモデル「NOTCH」(ノッチ)が新たにラインナップされる。

切れ込みを意味する「NOTCH」の名の通り、帽体の前面には流線状の模様が施されているのが特徴。加えて、口元や背面はメカニカルなグラフィックが描かれている。

2022年12月発売予定で、カラーはTC-8(オレンジ×ブラック)、TC-1(レッド×ブラック)、TC-5(グレー×ブラック)の3種類。価格は6万7100円だ。

SHOEI GT-Air II NOTCH(ノッチ)

TC-8(オレンジ×ブラック)
TC-8(オレンジ×ブラック)
TC-8(オレンジ×ブラック)
TC-1(レッド×ブラック)
TC-5(グレー×ブラック)

製品概要

価格:6万7100円
規格:JIS規格
サイズ:S(55㎝)、M(57㎝)、L(59㎝)、XL(61㎝)、XXL(63㎝)
カラー:TC-8(オレンジ×ブラック)、TC-1(レッド×ブラック)、TC-5(グレー×ブラック)

構造:AIM+(Advanced Integrated Matrix Plus Multi-Fiber)強靱なガラス繊維と3次元形状とした有機繊維の複合積層構造を基に、高い弾性性能を持つ高性能有機繊維をプラス、軽量でありながらも剛性弾性に優れる高性能なシェル構造。

付属品:布袋、ブレスガードF、チンカーテンJ、シリコンオイル、防曇シート、防曇シート用ピン、サービスツール、SHOEIロゴステッカー

オプション&リペアパーツ

CNS-1 シールド:クリア、メロースモーク、ダークスモーク:各5500円
CNS-1 ソフトスモークミラーシールド:シルバー:9900円
CNS-1 メロースモークミラーシールド:ブルー:9900円
CNS-1 スモークミラーシールド:ファイアーオレンジ:9900円
SHOEI DRYLENS 301:クリア:3080円 ※防曇シート
CWR-1 PINLOCK EVO lens:クリア:3080円 ※防曇シート
防曇シート用ピン:クリア 275円(税抜価格:250円)
QSV-2 サンバイザー:スモーク:4400円(税抜価格:4000円)
CNS-1 シールドベースセット2:1650円
Q.R.S.A. スクリューセット:880円(税抜価格:800円)
GT-AirⅡアッパーエアインテーク:各色:2750円
GT-Air IIトップエアアウトレット:各色:2750円
GT-AirⅡ内装セット:各サイズ:1万1000円
TYPE-Nセンターパッド:各サイズ:4950円
TYPE-Nチークパッド:各サイズ:6050円
チンストラップカバーN:1100円
イヤーパッドC:880円
ブレスガードF:1650円
チンカーテンJ:1650円
マイクロラチェットゴムカバー2:220円
バッテリースペースカバー:550円
インターコムベースカバー:1100円

CONTACT

○SHOEI

https://www.shoei.com/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ホンダが一般ユーザー向け電動原付一種スクーター「EM1 e:」を8月に発売、充電器&バッテリー込みで29万9200円 RG400/500Γ、NS400R、RZV500R…… 大排気量2ストWGPレプリカは“失敗作”だったのか 実車写真で紹介!「CB1000ホーネットやGSX-S1000GXなどが世界初公開」 世界最大級のバイクショー、イタリア「EICMA」初日レポート

カテゴリー記事一覧