用品・グッズ

ダイネーゼ「トロフィーリミテッドレザーパンツ」 バイクから降りても様になる幻の逸品が日本限定で復刻!

[PR] sponsored post

DAINESE トロフィーリミテッドレザーパンツ

トロフィーリミテッドレザーパンツは約10年前に販売されていた「P.TROPHY VINTAGE PELLE」の復刻版。立体裁断やハードプロテクターなどをフル活用した最新型と比べるといたってプレーンな作りで、「ダイネーゼにもこういうモデルがあったんだ」と、むしろ新鮮な印象。

それでも“らしさ”は随所に見受けられる。素材はダイネーゼ特許のなめし加工によりフルグレインレザーよりも柔らかく、耐摩耗性を向上させたTutuカウハイドレザーでシボ加工が施され風合いも抜群。そしてダイネーゼ独自の“ブーツイン”に対応している点も見逃せない。かのV・ロッシの現役時代を長きにわたり支え続けて、今もファビオ・クアルタラロ、ジョアン・ミル、ジャック・ミラーら多くのトップライダーが愛用する構造で、裾を外に出してブーツの突起部を覆うことで、万一転倒した際に路面に引っかけたり、雨天時における浸水や小石などの侵入を低減させる、シンプルにして効果的な構造。日常用途では違和感のないシルエットになる点も大きなメリットだ。

バイク用に特化していないように見えて、機能はしっかり押さえられている点に魅力を感じる人は決して少なくないはずだ。日本限定モデルで早々に売り切れる可能性もあるので、「これは」と感じた人は早めの予約を。

バックポケットのロゴはスウェード素材を使用

価格:6万9300円(2023年1月発売予定)
カラー:ブラック
サイズ:44、46、48、50、52、54、56、58、60

ストレートタイプで、ヒザにPRO-SHAPE2.0プロテクター装備。薄手ながらCE規格適合、自然界の幾何学的な形状を応用。衝撃を受けると硬く、トラクションを受けると全方向に膨らみ体の動きをトレースして自由な動きを可能に
フロントはジップフライ式で内装はメッシュ
フロントのボタンをはじめ、各所に“スピードデーモン”ロゴがあしらわれる
裾ファスナーでブーツイン(裾をブーツから出すスタイル)とブーツアウトの選択が可能。ダイネーゼのブーツイン対応ブーツと組み合わせることで一層効果的に足と足首を保護することができる。ただし、ほかのレザーパンツにあるブーツと裾との接続用面ファスナーは未装備

レポート●高野栄一 写真●北村誠一郎/岡 拓

お問い合わせ

ユーロギア
TEL:03-3527-3686

https://www.dainesejapan.com/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

同車種の125ccと150ccクラス「どっちが買い?」ホンダ PCX、ヤマハ NMAX&トリシティをコスト面から考える ヤマハ YZF-R125が51万7000円で10月発売「原付二種のスーパースポーツついに登場、デザインはYZF-R7似!」 実はこんなに簡単!? 素材別、革ブーツのメンテ道

カテゴリー記事一覧