用品・グッズ

エルフ「ファーチレスポルトジャケット」は安全性と運動性を両立した王道ライディングジャケット

[PR] sponsored post

elf EJ-W114 ファーチレスポルトジャケット

個性的な色の切り替えなどスポーティさが人気のエルフウエアにあって、このファーチレスポルトジャケットは派手さを抑えたデザインが目を引く。サブリメーション加工による薄い縞模様や両脇と腕のストレッチニット生地により、春夏モデルで注目を集めたメッシュウエア、スフィーダジャケットと非常に良く似たスタイルに仕上がっている。

実際に着てみると、フルプロテクター仕様とは思えない軽い着心地が印象的だった。その理由は、メイン生地と付属の中綿入りインナージャケットに用いられる伸縮素材。厚手になりがちなウインタージャケットながら非常に動きやすく、立体裁断と相まって前傾姿勢でも窮屈になりにくいのだ。これなら冬のロングライドでも疲れ知らずの旅が楽しめるだろう。

価格:3万1680円
カラー:ホワイト、ブラック×ホワイト、ブラック×レッド、ブルー
サイズ:S、M、L、LL、3L、4L 
プロテクター:肩、肘、背、胸

中綿入りインナーは単独でも使用できるもので、伸縮性があり着心地はライト。アウターのファスナーとの干渉を防ぐS字形ファスナーはデザインのアクセントにもなっている
肩と肘、胸にハードタイプ、背中にはソフトプロテクターを装備。CEレベル2をクリアするオプションのカーボンチェストプロテクター、FSP-1000(1万780円)も装着可能だ
メインの生地もストレッチ性を持つが、両脇と腕のインサイド(胴体側)にはさらに伸縮性が高い防風ニット生地を採用しているため、インナーを着込んでも非常に動きやすい

カラーバリエーション

ブラック×ホワイト
ブルー
ブラック×レッド

レポート●モーターサイクリスト編集部 写真●北村誠一郎

問い合わせ先

フラッグシップ
TEL:048-762-1021

https://flag-ship.co.jp/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

グローブ専門「FIVE」の2023秋冬モデルが販売中だ!指先まで安全と暖かさを感じながらのライディングを、どうぞ。 衝突被害軽減ブレーキが反応するのは対クルマや歩行者だけ? バイクに対しても有効なのか? 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その7】番外編? 小柄でもブーツ一つでバイクの選択肢はぐんと広がる

カテゴリー記事一覧