用品・グッズ

フラッグシップのリフレイムシリーズは難燃素材でキャンプツーリングに最適!<新製品テスト>

焚き火を楽しめる難燃素材のライディングウエア

バイク用ウエアは化学繊維でできているものが多いですよね。化学繊維の多くは火の粉で穴が開きやすいため、焚き火との相性はあまり良くありませんでした。そこで待望されていたのが、難燃素材でできたライディングウエアです。

アウトドアブランドのウエアには難燃素材を使ったものがありましたが、ライディングに適した運動性と安全性を備えたものはほとんどありませんでした。

フラッグシップの「リフレイム」ジャケット&パンツは、難燃素材を使いながら、ライディングのための機能性をしっかり確保しているのが特徴です。

FJR-A215 リフレイムジャケット(オリーブ) 価格:2万9480円 サイズ : S、M、L、LL、3L、4L

まずリフレイムジャケットは、前面および腰部のウェビングベルトが印象的です。ここには例えば闇夜を照らすライト、バイクのキーなど、さまざまなものをぶら下げておけます。ミリタリー調のデザインもアウトドアに良く似合っていました。

前面4つの立体的なポケットは上部とサイドに開口部があり、別々のポケットになっています。腕と背中にはベンチレーションがあり、走行風を効果的に取り入れられて快適。そして、肩、肘には着脱式のプロテクターを採用。胸部、背中は別売りのプロテクターを入れられるなど、防護性能も十分です。

FJR-A215 リフレイムジャケット(ブラック) 価格:2万9480円 サイズ : S、M、L、LL、3L、4L
FJR-A215 リフレイムジャケット

難燃素材の有り難さを享受しやすいリフレイムパンツ

リフレイムシリーズの難燃素材は、ストレッチが効いていて動きやすい。ライディングもフィールドでの動きもストレスフリーです。オリーブとブラックの2色設定

リフレイムパンツもコンセプトはジャケットと共通。こちらはさまざまな形状のポケットが10個も! キャンプの道具をいろいろ収納できてとても便利です。むしろ、どこに何を入れたか分からなくならないように注意が必要かも。

このパンツもストレッチが効いていて、バイクに乗っていても非常に動きやすい! キャンプ場での立ったり座ったり、ときには片膝をついたりという動きにもストレスフリーでした。膝プロテクターの取り出し口は外側にあるため、パンツを脱がずに着脱可能。キャンプ場でかなりリラックスできるパンツと言えるでしょう。色はオリーブとブラックが用意されています。焚き火に一番近くなるパンツは、難燃素材の有り難さを特に享受しやすいアイテムでした。

まさに着る道具とも言えるリフレイムジャケット&パンツ。アウトドア系ライダーは絶対注目のシリーズです。

FPR-A405 リフレイムパンツの膝プロテクターは外側から取り外し可能
FPR-A405 リフレイムパンツにはポケットが10個も付いている
FPR-A405 リフレイムパンツ 価格:1万9580円 サイズ : S、M、L、LL、M/LL、L/3L

キャンツーにお薦めのグローブ、ブーツはこちら

フラッグシップには、ほかにもキャンプツーリングに最適なアイテムがあります。アウトドアに似合うデザインと高い機能性が、あなたのキャンツーをしっかりサポートしてくれるでしょう!

FSB-803 フィールドライドシューズ(1万9850円)

フィールドライドシューズは、アウトドアテイストのデザインが魅力。防水透湿フィルム入りの全天候型です。くるぶしパッドやヒールガードで安全性を高めています。軽さと衝撃吸収性に優れる二重構造のソールも特徴。SPINONシステム(ワイヤーシステム)を上下に2つ配置。細かい調整ができるうえ、脱ぎ履きもしやすくなっています。

FGR-A611 リフレイムグローブ(価格:7480円 サイズ:S、M、L、LL、3L)

リフレイムグローブは手のひら側に牛革スエードを採用。ある程度の耐熱性があるため、熱くなったスキレットを持つときにも役立ちます。ペグを打ったり薪を割ったりするときも、対象物をしっかりグリップ。指股のないガンカット製法や甲側のプロテクターなどバイク用の機能も充実。スマホタッチにも対応しています。サンドベージュ、ブラック、グレーを用意。

レポート●編集部・太田力也 写真●平島 格

お問い合わせ先

FLAGSHIP(フラッグシップ)
048-762-1021

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

接続人数も音質も最高峰! MIDLANDのマスツーリング向けインカム「ラッシュ RCF」 BMWの二輪車全モデルが対象 新車購入時にサポートが受けられる「ライセンス・サポート・プログラム」を実施 ゴールデンウイークにアールエスタイチフラッグシップ店で、スズキのMotoGPマシン「GSX-RR」車両展示を開催

カテゴリー記事一覧