用品・グッズ

糸からオーダーメイドしたクシタニ「エクスパンドコーデュラデニム」は細部まで工夫が詰まった逸品!

[PR] sponsored post

K-1960 エクスパンドコーデュラデニム

通勤・通学、買い物といった街乗りから観光も楽しむツーリングまで、幅広いシーンで活躍するデニムパンツ。しかし、ライディングにタウンユースのジーンズでは心もとないという人は多いだろう。

クシタニのエクスパンドコーデュラデニムは、ツーリングバッグやライディングジャケットにも使われる高機能素材、コーデュラナイロンをカジュアルなデニム生地に混紡。一般的なナイロンの7倍という強度を持つコーデュラにより、生地を厚手にすることなく高い保護性能を付加できたのだ。もちろん、膝にはソフトタイプのプロテクターも装備。この高強度生地とソフトパッドにより、タウンモデルとは比較にならない優れた安全性を備えている。

さらにストレッチ性も持たせるため、このデニムパンツ用に綿×コーデュラ×ポリウレタンの混紡糸を生産。高強度としなやかさを高度に両立している。実際にはいてみると、走行中にバタつきにくいタイトめでキレイなシルエットながら、膝や尻周りの突っ張り感を感じさせない運動性に驚かされた。これはタウンモデル以上のはきやすさと言っていい。

日本のデニムの聖地・岡山で生産されるメイド・イン・ジャパンの傑作ライディングデニム。ぜひあなたも、そのはき心地の良さを試していただきたい。

価格:2万350円
サイズ:28~36インチ
カラー:ブルー、ユーズド、ブラック
プロテクター:膝

長時間シートに触れる臀部は補強のために生地を二重化し、股部には滑り止めのための撥水牛革も採用。写真の丸い縫い目のラインがライディングパンツであることを控えめに主張する
太ももにはエアインテークを搭載。ファスナーを開いて外気を導入すれば蒸れを解消できる。両サイドの生地の縫い目に沿っているので目立たず、閉じた状態ならタウンモデルと変わらないスタイルを楽しめる
膝には着脱可能なメッシュプロテクターを標準装備。プロテクターを入れるポケットとなるライナー部の赤い糸を切ることで装着位置を変更可能だ
身長170cmの男性が32インチを着用

レポート●モーターサイクリスト編集部 写真●北村誠一郎

お問い合わせ

クシタニ
TEL:053-441-2516
https://www.kushitani.co.jp

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク ランブレッタが消費税改正と輸入コスト高騰により価格を改定 KTMが新成人に向けたプレゼント企画を実施

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション