用品・グッズ

「microSDXCメモリーカードKNA-SD1280」は繰り返しの書き込みに強く、ドラレコに最適!

約10倍の書き込み回数に対応できるようになった(従来品比)!

JVCケンウッドから「microSDXCメモリーカードKNA-SD1280」が2022年8月下旬に発売される。

繰り返しの書き込みに強く、コストパフォーマンスにも優れているタイプの大容量SDカードとして製品化された。開発では今日普及が進むドライブレコーダーへの使用をメイン考えたという。

ドライブレコーダーのSDメモリーは使われ方が過酷だ。なにしろずーっと録画状態。さらに自動で書き換えが繰り返される……。
そこで128GBへの大容量化により、容量超えでの上書きの回数を減らしつつ。データが書き換えられるセルも耐久性を増したたのが「microSDXCメモリーカードKNA-SD1280」だ。この2つの技術で劣化、及び劣化によりもたらされるエラーを防いでいる。

一般的に普及している2D NAND型TLC方式に対して約10倍の書き込み回数に対応しているので(社内テスト)、コストパフォーマンスにも優れている。

SDカード寿命告知機能対応の製品なので、消耗品としての交換時期も分かりやすい。対応製品では画面表示や音声告知で交換が促され、録画エラーを未然に防止する。

■定格
方式:3D NAND型TLC
タイプ:microSDXC
アプリケーションパフォーマンスクラス:A1
容量:128GB
動作温度:-25度C〜85度C
転送速度(Max):Read95MB/s、Write55MB/s
付属品:SD変換カードアダプター
発売:「JVCケンウッドストア」にて8月23日から予約受付開始
メーカー希望小売価格:1万6280円(公式オンラインストア)

事故やトラブルが発生した際、ドラレコの録画はとても大切なもの。エラーなく動画を記録しておきたい。

製品名として出てくる言葉「3D NAND型」ってナニ?

3D NAND型フラッシュメモリは電源が切れてもデータを保管できる記憶媒体。スマホとタブレット端末だけで市場全体の50%を占めている。今回はドラレコに最適とのことで新市場の開拓となる。

技術形式の話としては、NAND型はハードディスクに代わる記憶媒体。従来よりあるNOR型に対し、低コスト大容量、書き込みと消去が高速なのが特徴だ。3Dとは縦方向に積層構造化されたもの。大容量化、書き込み速度の向上、省電力化が図られている。


JVCケンウッド製品だから、同社のドラレコと相性良し!

「microSDXCメモリーカードKNA-SD1280」はmicroSDXCが指定となる機器に使えることは当然として、とりわけJVCケンウッドが展開するドラレコとの相性がいいことは確実だ。
同社は四輪用だけでなく二輪用ドラレコも展開しているので、ライダーにとっても役立つアイテムになるはずだ。

まとめ●モーサイ編集部 写真●JVCケンウッド

CONTACT

JVCケンウッド

 

TEL0120-2727-87

https://www.kenwood.com/jp/press/2022/20220823-01/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

CB190SS?FZ-X?ってナニよ?? ちょっと聞かない名前の【アジアンバイク】に乗ってみた! メーカーさんが日本に入れない面白さを発見! なんと半世紀以上昔にもアールニーゴー&アールシックスがあった! ヤマハじゃなくて、BMWだけど…。 【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】ARAI HELMET ASTRO-GX
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP