用品・グッズ

『情熱のロードレース Vol.4 1983年 WGP500 ケニー・ロバーツ vs フレディ・スペンサー』が5月31日に八重洲出版から発売!

GP史に残る熾烈な戦いが繰り広げられた1983年のWGP500。
40年近く経った現在でも語り継がれるこのバトルの主役はケニー・ロバーツとフレディ・スペンサーだった。

2人は5ポイントという僅差で最終戦へ突入していく。V4エンジン搭載のヤマハ YZR500と、投入2年目のホンダ NS500というメーカー同士の開発競争もヒートアップ。
彼らの戦いはどのように展開されたのか。

本人はもちろん、エンジニア、ライバルたちの証言から、レースの興奮を再現。世界を極めるために燃やされた情熱は、一体どのようなものだったのか。
その時は語られなかった、1983年WGP500の真実を検証する。

1983年のWGPのハイライトは、やはりケニー・ロバーツとフレディ・スペンサーの大激闘。
ヤマハ YZR500【0W70】、ホンダ NS500の開発エンジニアにインタビュー。
1983年のレースを元GPライダー・片山敬済氏が振り返る。

CONTENTS

■1983年WGP500全戦レポート

■証言「ケニーロバーツ&フレディ・スペンサー」
<KENNY ROBERTS>
ヨーロッパ中心で動いていたGP界を変えKINGと呼ばれた男
<FREDDIE SPENCER>
常識を越えた走りでGP界を震撼させた男 「FAST FREDDIE」

■福田照男がGPの現場で見た、ケニーvsフレディの戦い
「それは83年のケニーとフレディにあった」

■HONDA NS500/YAMAHA YZR500 マシン詳解

■INTERVIEW
「83年を戦った0W70とは? それを造り出した研究2課とは?」
元ヤマハエンジニア 塩原正一/北川成人

「NS500はキングを追い回すためすべてを選択した」
NS500開発プロジェクトリーダー 宮腰信一

「彼らは神の領域で走っている」
元GPライダー 片山敬済

「可能性を秘めながら消えたチャンピオンマシン・NS500」
車体設計者 角田和彦


■価格
税込 1650円(本体 1500円)
■発売日
2022年5月31日(火)発売
■総ページ数
A4正寸・並製・100ページ

全国の書店、オンライン書店、八重洲出版オンラインショップで販売中。

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

10月18日はミニスカートの日 短くなると速くなる? ホンダで働く「トヨタさん」「スズキさん」苗字の人はいるのか? 実は「ホンダさん」より多数派!? 2021年型BMW R nineTは実質フルモデルチェンジ!?従来型オーナーが涙するアップデートの数々

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション