用品・グッズ

スポーツ車でもキャンプに行ける死角なしの定番サイドケース「MOTOFIZZ カービングシェルケース」

スポーツタイプのバイクでキャンプに出かけるとき、ネックになるのが積載だ。まずスポーツ車はタンデムシートが極小で、荷掛けフックもおまけ程度。大きな荷物をバランス良く固定するのは難しい。そこでお薦めなのが、モトフィズのカービングシェルケースだ。

このサイドバッグは、小さなタンデムシートとコンパクトなリヤ周りを持つスポーツモデルに最適化されている。ポリカーボネートのパネルはスポーティで、フルカウルモデルにも良く似合う。ケース後端内側の形状は、テールランプが隠れない工夫が施されている。また、グラグラしないように左右のケースを固定できるコネクションベルトも搭載。荷掛けフックの少ないスポーツ車ユーザーにはうれしいアイデアだ。車体に当たる面は、柔らかなネオプレン素材でキズを最小限に抑えてくれる。

取り付けるとタンデムシートとケース上面が平らになるため、大型のシートバッグを安定して載せられる。もちろん、接続用のDリングもケース側に用意。例えば写真のキャンピングシートバッグ2(最大75L)とサイドシェルケース(32L)を合わせれば、なんと107L。これで入りきらないソロキャンプ道具なら、ちょっと減らしたほうがいいかもしれない。

絶妙な形状で灯火類を邪魔しない

カービングシェルケースは後部がえぐれた形状になっており、テールランプが隠れにくくなっている。また、左右をつなぐコネクションベルトでバイクを選ばず取り付けが可能となった
容量は片側16L。写真はテントとシュラフを収納したようす。フタはベルトで全開しない設計のため、荷物が落下しにくくなっている
防水インナーポーチが荷物を雨から守ってくれる。荷物だけをテント内に運ぶときにも便利なアイテムだ
スポーツ車の小さな後部シートでもしっかりと取り付けられるイージーベーススリムを採用している

価格:3万7400円
カラー:黒、銀、カーボン
サイズ:H290mm×W495mm×D250mm 容量:片側16L


こちらもお薦め!

キャンピングシートバッグ2

価格:2万8600円(アーバンブルー)

最大75Lの大容量を誇る大型シートバッグ。通常時の横幅は620mmだが820mmまで拡大可能。長尺物用のホルダーや取り外し可能なポーチ、ドリンクホルダーなども装備。カービングシェルケースとの連結で、スポーツバイクへの積載も容易になる

report●太田力也 photo●長谷川拓司

問い合わせ先

タナックス
TEL:04-7150-2450
https://www.tanax.co.jp

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

タイの警察は信用できない!?「警察官のさじ加減で当て逃げ事故の過失割合が決まる」 高性能アドベンチャーモデル「Ténéré700 ABS」が2023モデルでカラバリ変更!加えてパッケージ仕様車の設定も! 「趣味を仕事にした人」は実際しあわせになれている? 好きなものに囲まれて働く趣味系ライターが「一番つらい」こと

カテゴリー記事一覧