用品・グッズ

マン島TT公認ヘルメット「アライRX-7X IOM-TT22」が受注期間限定で発売、締切は5月20日まで

イギリス・マン島で行われる世界最古&世界一過酷な2輪レース「ISLE OF MAM-TT」。
日本では「マン島TT」と呼ばれることが多いこのレースですが、新型コロナウイルスの影響による休止期間を経て、2022年5月末、2年ぶりに開催されます。
それにあわせ、アライヘルメットからマン島TTレース公認のヘルメット「RX-7X IOM-TT22」が発売となります。
 
アライヘルメットの「マン島TTレース公認ヘルメット」は2007年モデルから始まり、今回で13代目。
販売は歴代マン島TTレース公認ヘルメット同様に全国の「アライ・テクニカルプロショップ」で行われ、2022年4月20日〜2022年5月20日までの期間限定受注モデルとなります。
価格は7万7000円です。

「RX-7X IOM-TT22」。ベースモデルの「RX-7X」はアライの最高峰フルフェイスヘルメット。
右側面には「ISLE OF MAN」の文字と、マン島のエンブレム「トリスキール」のグラフィックが描かれる。

まとめ●モーサイ編集部 写真●アライヘルメット

CONTACT

■アライヘルメット
TEL:048-645-3661

https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

気分は空母&艦載機!? バイク+クルマで遊びの幅がもっと広がる【東京オートサロン2020トランポ特集】 ホンダ ホーク11開発陣インタビュー「ホンダの殻を破ったデザイン、ロードスポーツらしさの追求」 【EVENT REPORT】商店街がカブ色に染まる!? 富士カブミーティング2019
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP