用品・グッズ

RIDEZ XX バイク用フルフェイスヘルメット「新しさと懐かしさが同居する ネオレトロヘルメット」

RIDEZ XX
バイク用フルフェイスヘルメット

■ 価格:1万8590円
■ 規格:SG
■ サイズ:M(57-58cm)、L(59-60cm)
■ 重量:1250g(±50g)
■ カラー:マットブラック、ホワイト、グレー

バイクはライフスタイルを表現するもの。となればライディングウエアだけでなく、ヘルメットも自分のスタイルに合わせて選びたい。ライズのヘルメットならそれが可能だ。

ヘルメットは安全性を第一に選ぶ。しかし安全性が同等ならば、自分のバイクライフに合ったデザインのヘルメットをかぶりたい。そんなこだわりのライダーにピッタリなのがこのライズXXだ。

ひと目見て分かるように、ライズXXはクラシカルなデザインが特徴。丸さが際立つシンプルな帽体、マットなカラー、張り出した口元、ヘルメット開口部やシールドベース部のメッキパーツなどはネオレトロやビンテージバイクと相性抜群で、アメリカンクルーザーなどにもマッチするだろう。

ソフトなかぶり心地を実現するダイヤモンドキルティングライナーや、ワンタッチバックル式の顎ひも、UVカット機能を持つシールドなどによりクラシカルモデルと言えども使いにくさは皆無。重量も軽量に仕上がっているので、ツーリングはもちろん街乗りでも快適に走れるはずだ。

緩い弧を描く開口部、やや張り出したチンガードなどがモトクロススタイルを作り上げている。これならネオレトロの中でも、特にスクランブラーモデルなどに似合うはず。シールドをゴーグルに換えるのも面白そう!
口元に設けられた4本の横スリットがクラシカルな雰囲気を強調。99%UVカット機能を持つシールドは、標準装備のクリアのほか、ライトスモーク、レインボーミラー、シルバーミラーをオプションで設定する(3190円)

RIDEZ MOTO ZERO VISOR

■ 価格:8580円
■ カラー:クリア、スモーク、ブルーミラー、シルバーミラー

同社製ネオクラシックフルフェイスヘルメットのシールドを外して取り付ける、ゴーグルタイプのバイザー。一般的なオフロードヘルメット用のゴーグルよりも視界が広いだけでなく、保護範囲も広く、外気の侵入も少ないので街乗りから高速道路まで快適に走れる。もちろんドレスアップ効果も大きい


■問 RIDEZ TEL:045-628-9666

まとめ●モーサイ編集部

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

エリミネーター SE カワサキ 1988  カワサキ初代エリミネーターの謎「なぜドラッグレーサースタイルで、なぜシャフトドライブだったのか?」 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】07.rpm:メカニックさんに聞く「メンテナンス性ってどうなの?」 ヤマハ車でさらに上質な走りを求めるなら「ワイズギアのパフォーマンスダンパーがNO.1」

カテゴリー記事一覧